りょう、“月9”で長澤まさみと初共演 超パワハラ経営者役「ただただワクワク」

5月21日(月)15時0分 オリコン

28日放送のフジテレビ系連続ドラマ『コンフィデンスマンJP』第8話に出演するりょう (C)フジテレビ

写真を拡大

 女優のりょうが28日放送のフジテレビ系連続ドラマ『コンフィデンスマンJP』(毎週月曜 後9:00)第8話『美のカリスマ編』に出演。信用詐欺師のダー子(長澤まさみ)らの新たなターゲットとなる女医の美濃部ミカ(みのべ・みか)を演じ、長澤と初共演を果たす。大成功を収めているミカだが実は超パワハラな経営者。「ここ最近、重い役柄が続いていたので、久しぶりのコメディー作品に、ただただワクワクしておりました」と胸をふくらませている。

 ミカは、美容整形クリニックを開業した後、さまざまな事業を立ち上げ「ミカアスレチック」、「ミカフーズ」、「ミカサロン」などの総合商社「ミカブランド」の代表を務める敏腕経営者。リチャード(小日向文世)が月1で通うメンズエステの店主・福田ほのかはミカブランドの旗艦店『ミカクリニック』に再就職が決まるも、ミカの暴言やパワハラに悩んだ末に退職。今では今では引きこもり状態に…。相談を受けたリチャードは、ダー子とボクちゃん(東出昌大)に協力を仰ぎ、ミカに仕返しをすることを決意する。

 そんなクセモノなキャラクターを演じたりょうは「自分に厳しく、他人にも厳しい(愛情はあるはず)…、近くにいられたら疲れる存在ですが、美というものにこだわり、妥協せず追求していく姿には感心してしまいます…。そんな真面目な美のアスリートな姿を、見て下さる方々に疲れさせず少し滑稽に見守っていただけるよう演じました」とこだわりを明かしつつも「ただちょっと暴言を吐き過ぎるかな(笑)」とその強烈ぶりには自身でも圧倒された様子。

 「まさみちゃんが演じるダー子は、私が今一番見たい感じにピッタリのまさみちゃん。今作はロケも多くハードな現場だと思うのですが、そんな現場にスッと立っている…、スマートで抜群にチャーミングな“長澤まさみ”がさらに大好きになりました」と絶賛した。

 また第8話では、数々の七変化が話題となった長澤の「一番のお気に入り」だという山形弁を話す大沼秀子(おおぬま・ひでこ)が登場。秀子がどんな形でミカと接触するのか、そして長澤の話す山形弁もみどころとなる。

オリコン

「りょう」をもっと詳しく

「りょう」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ