小芝風花&大島優子、新たな“女性バディ”に 『GO HOME』ツーショットビジュアル公開

2024年5月21日(火)4時30分 オリコン

『GO HOME~警視庁身元不明人相談室~』ツーショットビジュアル(C)日本テレビ

写真を拡大

 俳優の小芝風花が主演を務め、大島優子が共演する日本テレビ系新ドラマ『GO HOME〜警視庁身元不明人相談室〜』(7月スタート、毎週土曜 後9:00)より、三田桜(小芝)と月本真(大島)の“女性バディ”ツーショットビジュアルが21日、公開された。

 今作は、全国に2万体も存在するどこの誰かもわからない“名もなき遺体”の身元を特定し、家族の元に帰す「警視庁身元不明人相談室」が舞台となる。自ら志願して配属された変わり者・桜と、性格も趣味もまるで正反対な10歳上の同期・月本が、遺体に残されたわずかな手掛かりを頼りに謎を解くミステリー×ヒューマンドラマで完全オリジナルストーリー。身元不明の遺体からはじまり、秘められた死者の思いを描く、ありそうでなかった警察エンターテインメントとなる。

 桜は、地味な部署である身元不明人相談室に自ら志願して配属された、明るくコミュ力高めの25歳。亡くなった身元不明者を家族や恋人の元に帰すため、上司が止めるのも聞かず突っ走る。趣味はおいしいものを食べること。天真爛漫(らんまん)に見えて、実は意外な過去を持つ。

 真は、桜の10歳年上の同期で、性格も趣味もまるで正反対な冷静沈着な捜査官。一見クールだが、心の底には身元不明者を大切な人の元に帰したいという熱い思いがある。そんな真が地味な部署である身元不明人相談室を志望した背景には、ある悲しい過去があった。

 同局系連続ドラマとしては『ハコヅメ 〜たたかう!交番女子〜』以来の“女性バディ”警察官が誕生する。

オリコン

「小芝風花」をもっと詳しく

「小芝風花」のニュース

「小芝風花」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ