川栄李奈 電撃婚相手“2.5次元俳優”に「二股」証言

5月22日(水)16時0分 文春オンライン

 5月17日、結婚、妊娠を発表した川栄李奈(24)。ドラマやCMに引っ張りだこの彼女を射止めたのは俳優の廣瀬智紀(32)。漫画やゲームの舞台化作品をメインに活動する、いわゆる“2.5次元”俳優のひとりだ。



AKB卒業生の出世頭・川栄 ©共同通信社


 2人の出会いは昨年10〜11月に共演した舞台『カレフォン』。だが、廣瀬の知人の1人が意外な証言をする。


「川栄さんとの交際が始まる一方で、廣瀬は別の20代の女性、A子さんとも関係を続けていました。廣瀬は昨年12月までA子さんと同棲していた。彼は二股をかけ、A子さんを捨てたのです」



 廣瀬とは結婚を前提に3年間交際、同棲していたA子さん。『カレフォン』の公演終了後、突然廣瀬に別れを切り出されたという。A子さんの友人が言う。


「『仕事のために人間として成長したい。だから俺は一人で生きていかないと』と。A子は廣瀬さんとの思い出を断ち切るため、すぐに引越し先を見つけた。すると廣瀬さんは『二人で引っ越そう。結婚に向けてがんばろう』と態度を豹変。A子は自分勝手な廣瀬さんに呆れながらも、最後は彼の言葉を信じ、ヨリを戻したのです」


 だが、心ここにあらずの廣瀬に不信の募るA子さん。結局、2人は12月中旬、別れに至る。廣瀬の結婚発表について、A子さんが週刊文春の取材に応じ、言葉少なに心境を語った。


「5カ月前まで結婚を前提に同棲していたことは事実です。芝居に専念したいという彼を応援していたつもりでした。今は、裏切られたという思いが強いです」



 A子さんの心境を、前出の友人が代弁する。


「仕事のために、と別れておきながら、ほんの数カ月で……。都合の良い女としてキープされていたと知り、彼の幼稚で節操の無い振る舞いに呆れています」


 廣瀬の所属事務所は、週刊文春の取材に対し「プライベートに関してのお答えは差し控えさせていただきます」と回答。廣瀬の人物像や2人の3年間の交際の様子など、詳しくは5月23日(木)発売の「週刊文春」で報じている。



(「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年5月30日号)

文春オンライン

「結婚相手」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「結婚相手」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ