『Hey!Say!JUMP』ライブ中止は“暴走ファン”のせいだけではなかった!?

5月22日(水)10時32分 まいじつ


(C)まいじつ



5月19日、ジャニーズの人気グループ『Hey!Say!JUMP』が、今年のライブツアー開催を見送るという衝撃的な一報を公表した。


【関連】大迷惑!『Hey!Say!JUMP』ファン暴走で赤ちゃん潰され泣く ほか


この日、事務所公式サイトは『Hey!Say!JUMPに関するお知らせ』としてインフォメーションを更新。ライブ鑑賞に伴うファンの移動に関して、



《この数年メンバーからも直接のお願いをさせていただいておりましたが、ツアー移動時に一般のお客様に対して多大なご迷惑をお掛けする状況が改善に至らず——》



などと、ファンマナーへの苦言を呈し、これを踏まえた上で、



《デビュー以来継続してまいりましたアリーナ会場でのコンサートを本年は見送らせていただきます》



と、デビュー13年目にして初のツアー中止を決断したと報告した。


「昨年9月、『King&Prince』が仙台でコンサートを行った際、メンバーが乗る新幹線にファンが殺到する事態が発生。ホーム上はパニックとなり、発車が遅れたことで鉄道会社や他の客に大きな影響を与えてしまいました。事態を重く見たジャニーズ事務所は、公式サイトでファンへのメッセージを掲載。今後もこのようなことがあればコンサート非開催もあり得ると警告を発しましたが、それが現実となってしまった形です」(ジャニーズウオッチャー)



真の理由は内部分裂?


ジャニーズの真骨頂ともいえるライブ活動の中止という事態に、ファンは阿鼻叫喚。ネット上には、



《ツアーを楽しみに勉強がんばったのに…》

《ちゃんとしてたファンの子たちがかわいそう…》

《一部のせいで何万人も悲しい思いするじゃん。マジふざけんなよ》

《付け回しまでするファンはごくごく一部なのに、おかしな奴のせいで全員が変な目で見られるし悪いことしかない》



などといった声が。一方、



《追っかけなんてマッチの時代からいるし対策もできるでしょ》

《ほんとにファンのマナーのせいだけか?》



などとウラを感じるネット民もいるようだが、実際のところはどうなっているのだろうか。


「真の理由はグループの解散という線も…。昔はフレッシュだった『JUMP』も今や全員がアラサー。アイドルという形に限界を感じているメンバーが多く、『もういい年だし、平成も終わったからグループも終わらせよう』という意見が複数から出ているのです。中止の背景には、そうしたメンバー間のモチベーションの差があるのでしょう。内部分裂真っ最中で、とてもライブどころではなくなっているようですよ」(芸能ライター)


メンバーの1人、岡本圭人も米国留学中と、ガタガタ状態である「Hey!Say!JUMP」。先輩グループが解散、休止、メンバー脱退と崩壊しているが、これに続いてしまうかもしれない。



まいじつ

「Hey!Say!JUMP」をもっと詳しく

「Hey!Say!JUMP」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ