芳根京子が“号泣”!番組収録中に「大丈夫か?」と心配の声が...

5月22日(水)11時0分 まいじつ


(C)まいじつ 



女優の芳根京子が5月21日、『チマタの噺』(テレビ東京系)に出演。自らの「トマト愛」について語ったのだが、突然、涙を流して号泣する一幕があった。視聴者からは「純粋な人だ」と感心する声が出た一方で、「感情が豊か過ぎる」と心配する声も出ている。


【関連】土屋太鳳と芳根京子が「濃厚キス」しまくり!ドキドキ・ホラー映画『累−かさね−』 ほか


芳根は2016年の朝ドラ『べっぴんさん』でヒロインを務めて大ブレーク。今年は俳優・松坂桃李らとともに時代劇映画『居眠り磐音』(5月17日公開)に出演するなど、活躍を続けている。番組中、司会の笑福亭鶴瓶から「映画は時代、いつなの?」と、舞台となった時期を問われると、「ホントに頭が悪くて… 違いが分からないんですよ」と頭を抱えた。



「おバカ」がバレる一幕も


鶴瓶が「江戸時代やろ」とフォローを入れ、「江戸時代は256年ぐらいあった」とその長さを強調すると、急に芳根は「令和が…えっ?」と戸惑い始める。これに鶴瓶は「令和が二百何年も続くわけない!」「徳川さんという人が二百何年生きてきたわけではない」とツッコんでいた。


また番組中、トマトの品種「ラブリーさくら」が好きだという芳根のために、以前、芳根が訪れた経験があるという北海道・ニセコのトマト農園をスタッフが訪問。今でも芳根と農園は連絡を取り合っているというが、VTR越しに久しぶりに見た農園の家族の姿に、芳根は突然号泣。「なんで泣いてるんだろう」と言いながら涙を拭った。


視聴者からは芳根の知識の乏しさに、



《ポンコツっぷりが愛くるしい》

《芳根京子くらいのかわいげあるバカ枠ならいい》



との声もあったが、



《(ドラマ、映画の役柄だけでなく)本体もおバカなのか…》

《芳根さん日本史はかなり苦手な様ですね》

《おバカモードのときに雪丸顔になる…》



と呆れる声も。


さらに収録中に突然泣き出したことにも、



《芳根ちゃん大丈夫?》

《めちゃめちゃ泣いてるやん》

《感情豊かなのは正に女優向きだよなぁ。ともすると情緒不安定に陥りがちで、気を付けてほしい》



と心配する声が出た。


芳根は意外性のあるキャラで、バラエティーでも活躍できるかもしれない。



まいじつ

「芳根京子」をもっと詳しく

「芳根京子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ