“奇跡の51歳”宇徳敬子、Mi-Ke時代の「ドクターストップ」で美と健康に目覚めた過去を明かす

5月22日(水)8時40分 オリコン

(写真左から)Mi-Ke時代(1991年頃)と現在の宇徳敬子

写真を拡大

 今年2月、バラエティ ー番組『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演し、「奇跡の51歳」として話題になった宇徳敬子。変わらぬその美貌には、「30代に見える!」「めちゃくちゃキレイ」といった声がSNSにあふれた。90年代にアイドルユニット・Mi-Keとして活躍したほか、アニメ『ちびまる子ちゃん』テーマ曲でおなじみの"B.B.クィーンズ"でコーラスを担当していたことでも知られる宇徳。現在はソロアーティストとして活躍する彼女が美と健康に目覚めたきっかけは、Mi-Ke時代のハードな芸能生活だったという。

■“アンチエイジング”に疑問、「私は逆らうのではなく、受け入れていく」

——トークバラエティー 初挑戦はいかがでしたか?

【宇徳敬子】その日のテーマが『診察券 パンパン女』だったのですが、私は全然沿ってなかった気がします(笑)。美容と健康のためにやっていることなんて、「強いて言えばお風呂ですかね」と言ってしまい、司会の後藤さん(フットボールアワー)にツッコまれてしまいました(笑)。でも、あの番組自体がすごく好きだったのと、私がソロデビュー25周年というタイミングでもあったので、出演させていただきました。ものすごく緊張して一人だけ汗だくでしたが(笑)、番組スタッフの皆さんや出演者の優しいお心遣いに助けられて、とても楽しかったです。

——アイドルユニット・Mi-Ke(1991年〜)時代から変わらぬ美しさ、美魔女ぶりに反響が大きかったようです。とくに心がけていることは何ですか?

【宇徳敬子】美容に関しては言えば…オーガニックなモノや、アロマの香りに心身共に癒される、ナチュラルで自分の肌に合うコスメを楽しみながら選んでいます。自分にピッタリくるものを、その日の体調に合わせて…と、洗顔や化粧水にはこだわってはいますね。保湿も、しっかりやる日と全く何もやらない日、オンオフのスイッチがあります。両親からもらった身体に傷をつけないように健康を保てるのがベストだと思うんです。ピアスもしていないくらい(笑)。あとは、自分の内面。結局、すべては表情に表れるので。それまでの人生がキツかったら眉間にシワも寄ってしまうし、毎日を楽しく過ごしていたら豊かな気持ちから顔が柔らかくなる。

——たしかに。

【宇徳敬子】あとは私、代謝が良い せいかすごく汗かきなんですけど、汗をかいて自分の天然皮脂で潤ってくれればいいなと思っているくらいなんですよね(笑)。だから、わりと若い頃から、みんなが美容クリームを使っていても洗顔だけで済ませちゃうこともありました。ちゃんと自分で潤って!みたいな。

——肌を甘やかさず、鍛えていたんですね。

【宇徳敬子】スパルタ?(笑)。でも、そのあとには化粧水でお肌の水分補給はしています。最近は“アンチエイジング”という言葉が主流ですけれど、私は逆らうのではなく、受け入れていくというか。人って、歳を重ねていくことで経験値が上がって、いい表情が出て人に優しくなっていくと思うんです。だからこそ年齢とともに、美容も健康も引き算していく。メイクをどんどん重ねていったら色々隠してしまうけれど、素の状態でいれば、肌も身体もそのままでいられるように頑張ってくれるんですよね。そうやって弱点や欠点を見逃さないように、自分と向き合うというのが大事だと思うんです。

■Mi-Ke時代に見舞われた耳と身体の不調、「健康じゃないと続けていけない」

——でも、多忙を極めたMi-Ke時代はどうされていたんですか?

【宇徳敬子】Mi-Keでは、ビートルズなどの古き良き洋楽やグループサウンズを取り入れた曲を歌えたり、カバーができたことを今でもすごく誇りに思っています。 Mi-KeとB.B. クィーンズ(コーラス担当)は、まさに“テレビの中で生きた人たち”という感じでした。昼間はテレビ収録をして、夜中から朝までレコーディングをするという生活を2年くらい続けていたんですけれど…。

——それはハードですね。

【宇徳敬子】はい(笑)。そんな中で、音を楽しむことを真剣にやるには、まずは自分が健康じゃないと続けていけないんだと気づいたんです。当時は、耳はおかしくなるし、身体の不調も出てきてドクターストップがかかりました。そんなとき、自分の身体の中にある自然治癒力を信じる医療と出会ったんです。身体の不調や異変をごまかさない考え方で、本当に必要なときは西洋医学を取り入れて、薬に頼らなくていい体を作ろうと思ったんですよね。

——なるほど。

【宇徳敬子】音楽業界は競争ですが、自分が本当に音楽と向き合っていくことを考えた結果、私が求めるのはそこじゃないことにも気づいたんです。いい歌を歌っていくためには、健康でいたい。空気の悪いところにいたくないし、身体の血管も毛穴も(笑) すべて詰まらないようにしたいと思うようになったんです。なんて言うんでしょう、健康バリアを張 っているというか(笑)。そしてデトックスに辿り着きました。

——入れるのではなく、出していくのが一番の健康法であり美容法であると。

【宇徳敬子】そうですね。やっぱり、私の基本は汗をかくこと。ただ、温めるだけではのぼせてしまうし、汗をかくだけではミネラルが出てしまうので、心臓から遠い場所からゆっくり冷やしていって、毛穴をキュッとしめることで血行を促進するんです。基本は心も身体も冷やさない、健やかな幸せを…というメッセージを込めて健幸美活を心がけています!

——いい言葉ですね、「心も身体も冷やさない」。

【宇徳敬子】すごくシンプルなことなんですよね。美容法も肌の状態をみて色々試しています。油分で蓋をしてしまうより、老廃物を出して皮膚呼吸を健全に保つように肌断食をしたり、朝一番に白湯で身体をクリアリセットし水分補給はこまめにしています。お酒もあまり 飲まないですし、タバコも吸わない。でも、食べたいものは食べるし、我慢はしない。食べ放題もよく行きます(笑)。ただ、食べ過ぎたら次の日セーブして、デトックスすればいい。大事なのは、食べたことを後悔しないこと。心も身体も健康で、美味しいモノを食べられることに感謝しています。

——自分の気持ちで身体をコントロールする感じでしょうか。

【宇徳敬子】そうですね。「これを食べたら太っちゃう!」って、脳に指令を与えないようにしています。 それは生活すべてに関係すると思うんですが…私たちの日常って、ネガティブ なことも多いじゃないですか。 だからこそ、いつもポジティブ な言葉を口にして、“ハッピー の周波数”を上げておく必要があるというか。不安なことは考えてもキリがないので(笑)。 私の「One More Chance」という曲にもあるんですけど、失ったものでも自分にやる気さえあれば取り戻せると信じて 。今が幸せなら過去の辛い経験も糧になるし、ネガティブを受け入れてポジティブパワーに変えていける幸せの貯金を、“ハッピーポイントアップ”なんて言っています(笑)。

——スーパーポジティブ 、まさに病は気からという。

【宇徳敬子】だから私、病気にならないって決めています(笑)。血糖値が高い家系ではあるんですけど、ブレない精神のお蔭か、健康なんです。心も身体もアンチエイジングではなく、言葉にするなら“リバースエイジング”。心も肌も、自分の血流や代謝をアップさせて、“再生”させることが大事だと思います。

■レコーディングばかりだった過去、「今はライブ で目の前の人に歌を届けることができる」

——そんな宇徳さんが今、歌うためにもっとも刺激を与えてもらっているものは何ですか?

【宇徳敬子】やっぱり、私の音楽を楽しみにして下さっているファンの皆様の存在ですね。それは私をもっとも刺激してくれるタカラモノです。あと、自然ですかね。都会に住んでいると自然に触れる機会は少ないので、森林浴をしに行ったり、海へ出かけたりしています。そういう場所で、自分のことも世の中のことも俯瞰的に見て、ありのままに感じたことを歌詞にしていくんです。

——25周年を記念したライブ DVD『宇徳敬子 25th Anniversary 2018 スローライフと私〜Let it go!UK Xmas Party!!〜』も発売。歌うために健康でいようとする宇徳さんの美しさを、もっとも感じられる作品になりますね。

【宇徳敬子】映像は…自分では恥ずかしくてなかなか観られないんですけど(笑)。好きなことがあるって、とても幸せなこと。歌を歌えて、それを喜んでくれる人がいる。昔はレコーディングばかりでしたけど、今はライブ で目の前の人に歌を届けることができているので、それがすごく幸せなんです。私にとって、歌う側と聴いてくださる方の心の循環が、まさしくリバースエイジングになっているんだと思います。楽しいことを共有する“調和”で生まれる大きなパワーを、このライブ DVDでも楽しんで いただければと思います。

(文:川上きくえ)

オリコン

「奇跡」をもっと詳しく

「奇跡」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ