ニッポン放送・新行市佳アナ、局の垣根を越えNHKゴジラ特番初参戦

5月22日(水)6時0分 オリコン

ゴジラ検定中級合格者のニッポン放送・の新行市佳(しんぎょう・いちか)アナウンサーが、6月2日放送、NHKラジオ第1の番組『襲来!ゴジラジオ』に曲の垣根を越えて出演

写真を拡大

 ニッポン放送の新行市佳(しんぎょう・いちか)アナウンサーが6月2日にNHKラジオ第1で放送される『襲来!ゴジラジオ』に局の垣根を越えて出演する。新行アナは卒論のテーマにゴジラを選び、ゴジラ検定中級合格者でもある。

 1954年に日本で“誕生”し、これまでに30本以上が製作され、シリーズ累計動員数が日本国内だけで1億人を突破している国民的アイコン「ゴジラ」。令和元年の2019年は生誕65年のメモリアルイヤーとなる。今月31日には、ハリウッド製作の『GODZILLA ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』が世界同時公開される。

 『襲来!ゴジラジオ』は、ゴジラのファンが集い、愛を語り合い、時代を見つめるを生放送番組。昭和・平成のゴジラが戦った“古戦場”を一望できる、ファン垂涎の聖地の1つ、NHK大阪放送局のスタジオに新作公開直後の日曜、著名なゴジラファンや関係者を招き、ゴジラ映画の魅力や時代の変遷、込められたメッセージについて語り尽す。

 番組では映画を彩った音楽や人気怪獣の鳴き声、コントラバス奏者・地代所悠氏による咆哮の音声再現など、ゴジラ映画にまつわる魅力的な音の数々を紹介。また、あなたの「妄想ゴジラ映画」企画の投稿も大募集。投稿で寄せられた企画から“妄想ゴジラ映画”のラジオ予告(30秒)を放送中に制作し、『シン・ゴジラ』を手がけた映画監督・特技監督の樋口真嗣氏の前で発表する。

 出演は、1954年の映画『ゴジラ』で主演を務めた初代ゴジラ俳優・宝田明、樋口監督、新日本プロレスの獣神サンダー・ライガー、ライター・編集者のガイガン山崎氏、新行アナ。司会は、松苗竜太郎アナウンサー(NHK大阪放送局)。

 番組ホームページで募集しているメッセージのお題は3つ。(1)あなたの考える「妄想ゴジラ映画」企画!(2)新作『ゴジラキング・オブ・モンスターズ』の感想(ネタバレは避けるようお願いします)、(3)『ゴジラ』(1954年)の見どころ、お気に入りのシーンは? 

■放送情報
NHKラジオ第1:6月2日
後4:05〜4:55(関西地方向け)
後5:05〜6:50(全国向け、国際放送)
※「らじる★らじる」等のインターネット同時再送信、聴き逃しサービスあり※途中、ニュース等による中断あり

■番組ホームページ
http://nhk.jp/godziradio

ツイッターは、公式「らじる」アカウント(@nhk_radiru)から、ハッシュタグ「#ゴジラジオ」を付けてつぶやく。

オリコン

「ゴジラ」をもっと詳しく

「ゴジラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ