ファンと真摯に向き合い、純烈、ニューシングルで自己最高初週売上&順位を記録

5月22日(水)12時10分 オリコン

純烈「純烈のハッピーバースデー」【タイプA】(日本クラウン)

写真を拡大

 5/27付オリコン週間シングルランキングで、純烈のニューシングル「純烈のハッピーバースデー」が、ジャンル別「演歌・歌謡曲」ランキングで1位、総合3位にランクインした。初週売上2.5万枚は、『第69回NHK紅白歌合戦』で披露した前作「プロポーズ」の初週売上1.8万枚を0.7万枚も上回る自身最高。総合3位も自己最高位を更新した。

 純烈は「夢は紅白!親孝行!」をキャッチフレーズに活動を続け、歌う場所を求めて、スーパー銭湯や健康ランドでパフォーマンスを展開。その地道な活動が実り、2018年末には、念願の『第69回NHK紅白歌合戦』に出場した。

 19年早々にメンバーがスキャンダルで脱退という大きな出来事があったが、それすらも乗り越えて、初回売上を伸ばし、自己最高位を更新した事実を見ると、グループ結成から12年かけ、ファンと固い絆を築き上げ、さらに新たなファンを取り込んでいることがわかる。全国ツアーの合間をぬって、スーパー銭湯、健康ライブでのミニライブを続け、ファンと真摯に向き合う姿勢が生んだ結果とも言えるだろう。

「純烈のハッピーバースデー」は、幸耕平氏、相川等氏という、ラテンのリズムを知り尽くした2人のアレンジャーによる本格ラテンナンバー。特別な日に華を添えるような晴れやかな楽曲で、リスタートを祝うにふさわしい、好セールスとなった。

 なお、純烈は5月20日に発売記念イベントを実施。今後は、各種イベント出演のほか、今年は『氣志團万博2019』や『黒フェス2019〜白黒歌合戦〜』など、ジャンルを超えたライブ出演も控えている。

オリコン

「純烈」をもっと詳しく

「純烈」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ