23時台女子アナバトルが激化、三田友梨佳アナの過重労働に懸念

5月22日(水)16時0分 NEWSポストセブン

過重労働が心配?(時事通信フォト)

写真を拡大

 4月にテレビ朝日を退社した小川彩佳アナ(34)の『NEWS23』(TBS系)メインキャスター就任が正式発表され、女子アナたちの「23時戦争」が本格化しそうだ。各局の布陣は、NHKが井上あさひアナ(37)の『ニュースきょう一日』、日テレが有働由美子アナ(50)の『news zero』、TBSが小川アナの『NEWS23』(6月以降)、フジが三田友梨佳アナ(31)の『Live News α』、テレ朝が徳永有美アナ(43)の『報道ステーション』、テレ東が大江麻理子アナ(40)の『ワールドビジネスサテライト(WBS)』となっている。


 現在の視聴率トップは『報ステ』で、週平均11〜13%前後。後を追うのが『news zero』で平均6〜8%前後。残りの3局はいずれも4〜5%前後の団子状態。とくに視聴率不振が続くフジでは、「23時戦争」の開戦前から、すでに暗雲が立ち込めている。


「三田アナの“過重労働”が心配されています。フジは椿原慶子アナの産休により、報道畑の人材難が深刻。現在、ミタパンは平日23時台の帯番組に加えて、椿原アナの代役で『Mr.サンデー』(日曜22時)のキャスターもこなしている。4月末には改元特番も任され、休みがほとんどない。


 加えて報道番組が初めてということもあり、プレッシャーも相当あるはずです。ライバル局は有働アナをはじめベテラン揃い。年の近い小川アナもずっと報道畑ですから、三田アナには焦りもあるでしょう」(フジ関係者)


 重圧になっているのは、番組の“作り方”にもあるようだ。


「オープニングは必ずミタパンの顔のアップから入り、徐々にカメラが引いて上から全身ショットに移る。“彼女一人の番組”のように仕立てられているんです。局内でも“あれは荷が重すぎる”という声が聞こえてきます。


 とはいえ、他局のメンツと比べても、“華”はピカイチ。ミタパンがのびのびとできる環境になれば、彼女だけの色が出て、番組にとってもプラスになるはず」(同前)


 小川アナの電撃参戦で風雲急を告げる夜の報道番組戦線。「23時の女王」の座を勝ち取るのは誰か。


※週刊ポスト2019年5月31日号

NEWSポストセブン

「女子アナ」をもっと詳しく

「女子アナ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ