夜の女子アナ「豊満バスト化」最前線(2)NHK・和久田麻由子は夜の顔に転向で…

5月23日(土)9時57分 アサ芸プラス

 NHKの朝の顔から夜の顔へ。3月末から「ニュースウオッチ9」のメインキャスターに就任した和久田麻由子アナ(31)。現在、コロナウイルス感染予防のため、隔週での出演を余儀なくされているが──。芸能記者が続ける。

「バストのシルエットに変化が起きています。夜の報道番組なので露骨にアピールすることはありませんが、ゆったりした衣装の上から見ても胸の成長ぶりが丸わかりです。昨年入籍した商社マンは海外赴任で、別居状態なので妊娠ではなさそう。最近は朝型から夜型に生活のリズムを整える絶好の機会と見て、巣ごもり生活の大半を睡眠に充てているようです。睡眠の効果が、胸にも表れているのかもしれません」

 ワインと巨乳はじっくり寝かせてこそ芳醇な香りが。引き続き人妻のエロスを蓄えていただきたい。

 和久田アナと同じく、昨年入籍した井上あさひアナ(38)は、「ニュースきょう一日」でアラフォーを迎えた完熟バストを振りまいている。

「『ニュースウオッチ9』時代には、スケスケの衣装でインナーや下着が見えるとスタッフ内で評判でした。今でこそ衣装は落ち着きましたが、ロケット乳は健在。猫背を矯正するために意識的に背筋をピンと伸ばしていますから、パンパンに張りつめているのが確認できますよ」(NHK関係者)

 両番組の間に挟まれた「クローズアップ現代」のレポーターの一人である合原明子アナ(34)は、トランジスターグラマーだともっぱらの評判。

「小柄なわりに胸が大きくて、タイトなニットの着用率も高いですから、よけいに胸が目立ってしまいます」(丸山氏)

 ここは腰を据えて、3番組連続視聴で巨乳アワー堪能としゃれこむのもアリ?

 週末のスポーツニュース「サタデースポーツ・サンデースポーツ」の副島萌生アナ(28)は過去に同番組を担当した山岸舞彩杉浦友紀アナに負けない巨乳セクシー路線を引き継ぐ逸材だ。

「NHKきってのセクシー枠です。わざと胸が目立つ衣装を着ているような印象ですが、そのあざとさがかえって清々しい。彼女とレポーターの元フェアリージャパン・畠山愛理に囲まれている大越健介キャスターがうらやましいかぎりです。番組セットもシャンデリアなどの装飾品に彩られた豪華な仕様。美人な2人のムードも相まって、さながら銀座の高級クラブのようなたたずまいですよ」(丸山氏)

 古巣の女子アナたちの懸命なアピールに負けていられないのが、元NHKの有働由美子(51)。ただし、五十路の体にはメンテナンスが欠かせないという。

「体型維持のため、公私ともに親交のある石田ゆり子にアドバイスをもらってトレーニングをしているそうです。『news zero』(日本テレビ系)のキャスター就任時の激やせした頃に比べると、体重は戻ってきている印象。紅白の司会で見せてくれたみごとな胸の“渓谷”を再び披露してくれる日も近いのではないでしょうか」(織田氏)

 長くベールに包まれた、独身熟女の谷間との再会が今から楽しみだ。

アサ芸プラス

「NHK」をもっと詳しく

「NHK」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ