一青窈、姉・原作の映画で主題歌書き下ろし!『ママ、ごはんまだ?』

5月23日(月)12時31分 シネマカフェ

一青窈/アーティスト写真

写真を拡大

一青窈の姉、一青妙によるエッセイを原作に、木南晴夏らを迎え映画化する『ママ、ごはんまだ?』。この度、本作の主題歌を、原作者の妹である窈さんが担当することが明らかになった。

台湾人の父と日本人の母、可愛い妹と共に、家族4人で暮らした懐かしい東京の家を取り壊すときに見つかった、赤い木箱。古い手紙と一緒に入っていたのは、20年前に亡くなった母の台湾料理のレシピ帳。一青妙(木南晴夏)の脳裏に、いつも料理をしていた母の姿が浮かぶ…。どんなに辛いときでも、かづ枝(河合美智子)は日々料理をし、娘たちはその料理を愛した。かづ枝の料理は家族の絆を強め、そして周囲の人々をも幸せな気持ちにした。20年が過ぎたいま、姉妹は、一青家ゆかりの地、中能登町にあるかづ枝の墓前で母の小さな秘密を知る。妙は、ある思いに駆り立てられ、台湾へと向かう。果たして、母がレシピに込めた想いとは——?

姉・妙さんによるエッセイ「私の箱子」「ママ、ごはんまだ?」(講談社刊)を基に、母の愛、家族の絆を描いた本作。キャストには、主人公・妙役として、『20世紀少年』シリーズ、『秘密 THE TOP SECRET』など多くの映画やドラマで活躍する実力派、木南さん。その妹・窈役には、『アオハライド』や現在放送中のドラマ「OUR HOUSE」「不機嫌な果実」に出演中の期待の若手女優、藤本泉が好演。そのほか、母・かづ枝役の河合美智子や、呉朋奉、甲本雅裕、春風亭昇太らが脇を固める。

そして監督・脚本には、『能登の花ヨメ』『神戸在住』の白羽弥仁が務め、東京、金沢、中能登町、台湾でのロケを敢行。また、数々の台湾家庭料理を作るシーンも魅力の一つとなっている。

今回、妹・窈さんが実際に映画を観て、映画のために書き下ろしたという主題歌のタイトルは「空音」。母の愛、家族の絆を歌い上げている。なお本楽曲は、5月21日(土)からスタートしている全国ツアー「一青窈 TOUR 2016 人と歌〜折々」の初日に、ファンの前で初披露された。

楽曲を制作するにあたって窈さんは、「姉の気持ちになって書きました。母子家庭の時代、ちゃんと聞き分けのいいこにならなくちゃ、とずいぶん頑張って“おねえちゃん”でいてくれたと思います。母亡き後は、同時に母の役目を担ったり、1人の女でありもっと甘えたかったのではと想像しました」と当時をふり返る。また、「きっと母のめいっぱいの愛情を一人占めしたかった時期もあるのだと思ったらこんな詩になりました。大人もこどももみんないいこいいこをして欲しいのではないでしょうか。この曲が新緑を吹き抜ける初夏の風のようにたくさんの人の頭をなでてあげられたらいいなぁと思います」と想いを寄せた。

姉妹の絆が映画で、そして音楽で描かれる本作。観ればきっと家族の絆を再発見できる、そんな映画になりそうだ。

『ママ、ごはんまだ?』は2017年初春、全国にて公開予定。

シネマカフェ

「一青窈」をもっと詳しく

「一青窈」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ