『劇場版 FFXIV 光のお父さん』坂口健太郎がトレーニングに夢中、吉田鋼太郎「すっごいですよ!」と惚れ惚れ

5月23日(木)17時36分 映画ランドNEWS

『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』完成披露試写会が23日、都内・有楽町朝日ホールにて行われ、キャストの坂口健太郎、吉田鋼太郎、佐久間由衣、山本舞香、監督の野口照夫、ゲームパート監督の山本清史が登壇した。


光のお父さん



本作は、息子である事を隠して父とオンラインゲームをプレイする日々を綴り、累計アクセス数が1,000万を超えるブログを原作に、スクウェア・エニックスの全面協力を得て映画化。実際に、息子が父親の本音を知るために計画をした一風変わった親子の感動作に、息子・岩本アキオ役に坂口健太郎、父・岩本暁役に吉田鋼太郎のW主演、アキオの会社の同僚・里美役に佐久間由衣、アキオの妹・美樹役に山本舞香が扮する。


光のお父さん


本作のオファーを受けた際、「僕がゲーム世界に入ってお芝居をして…みたいなことを思っていました」と明かす坂口。「父と息子の想いに気持ちが入りました。あまり言葉を交わさない親子の役はなかなかなかったので、アキオが父の背中を見ている目線だったりを大切に演じました。(役作りでは)実際にファイナルファンタジーのゲームをプレイさせていただいて、楽しい役作りでした!」と撮影を振り返った。


光のお父さん


吉田は「ドラマ版では大杉漣さんが演じていた役。尊敬する素晴らしい俳優でした。その役をやらせていただく、身の引き締まる想いでした」と心境を吐露し、ゲーマーという吉田は「ファイナルファンタジーは第1作目からやっています。とうとう、ファイナルファンタジーに俺が出るのかと。とても感動的なストーリーになっています」と出演を喜んでいた。


光のお父さん


坂口扮する主人公アキオに恋心を抱く里美役を演じた佐久間は、坂口との共演に「撮影は約4日間くらいだったのですが、すごく優しくて。私が一方的に観察しているような役柄だったので、観察させてもらいました(笑)」とにっこり。


光のお父さん


現場では、家族を繋ぐムードメーカーのような存在だったとMCから紹介された山本は「そう言っていただけて嬉しいです」と言い、坂口は「僕の妹役をやっていただいたのですが、本当に妹みたいなんです!すごく幸せな家族だなと思いましたね」とハニカミ。山本は「最後、おんぶしてもらえるくらい甘えられる兄でした!」と仲睦まじい様子をのぞかせた。


光のお父さん


MCから「最近熱中していること」を聞かれた坂口は、「トレーニングをしてます!」と告白。吉田は「すっごいですよ!ちょっと触ってみて!」と坂口に触れ、会場を沸かせた。イベントでは、坂口扮する主人公アキオがオンラインゲームで操作するFFキャラクター・マイディーが等身大モニターにサプライズ登場。再会に坂口は「ゲームの世界では、アキオ=マイディー、マイディー=アキオだったので、一緒に冒険した感じが(スクリーンに)出てます!」と笑みをこぼした。



『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』は6月21日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開


(C)2019「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」製作委員会 (C)マイディー/スクウェア・エニックス


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「坂口健太郎」をもっと詳しく

「坂口健太郎」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ