日大会見内容に「選手がかわいそう」 前監督らが指示否定

5月23日(水)22時45分 J-CASTニュース

内田正人前監督と井上奨コーチが緊急会見を開いた(写真は2018年5月23日撮影)

写真を拡大

日本大学アメリカンフットボール部の内田正人・前監督と井上奨(つとむ)・コーチの会見は、危険なタックルを犯した日大選手の主張を真っ向から否定する形となった。

ツイッターなどインターネット上では「学生がかわいそうでなりません」「OB・OGにはいい迷惑」と心配する声が上がっている。



OB・OGらを気遣う声も




アメフトの日本大と関西学院大の定期戦で関学の選手に危険なタックルをした問題で、タックルをした日大選手が2018年5月22日の会見で証言。危険なタックルは内田氏と井上コーチの指示に基づき実行したものだと話した。



一方、内田氏は23日の会見で「本当に申し訳ないですが、言ってないと思います」と指示を否定。井上コーチも「(自身が)QBを潰してこい」と告げたのは事実だと認めたが、「けがをさせること目的とした指示はしておりません。思い切り、それくらいの気持ちで行ってこいと、そういう意味で言いました」と説明した。



まさに、監督・コーチの会見で一部員の証言を真っ向から否定する形となったわけだ。ツイッターなどインターネット上では、日大選手の心情を心配する声や、日大の学生ら周囲を気遣う声が続出している。



「学生がかわいそうでなりません」

「日大アメフト部の学生の皆さんが、かわいそうでならない」

「通ってる学生にとっては迷惑であることには違いないと思う」

「日大の学生、OB・OGにはいい迷惑やな」

J-CASTニュース

「タックル」をもっと詳しく

「タックル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ