ももクロ、ミュージカル初挑戦へ サプライズ恒例・松崎しげるが発表

5月23日(水)22時0分 オリコン

サプライズ発表恒例の松崎しげるがももいろクローバーZのミュージカル挑戦を発表 Photo by HAJIME KAMIIISAKA + Z

写真を拡大

 アイドルグループ・ももいろクローバーZが23日、結成10周年で初となる東京ドーム公演『ももいろクローバーZ 10th Anniversary The Diamond Four -in 桃響導夢-』の2日目を行い、9月に自身初のミュージカル公演『ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?』に挑戦することが、サプライズ恒例の松崎しげるの「愛のメモリー」熱唱によって発表された。

 ライブ中盤、「コノウタ」を歌唱後、おなじみのメロディーが流れ、会場は大歓声。セットの階段の上に、漆黒の肌が映える純白のスーツで登場した松崎は、自身の代表曲に乗せて「10周年を迎えたももクロ〜 心からお祝いするよ〜」と祝福しつつ、「この胸のときめきをあなたに〜 次の舞台は〜本格ミュージカル〜 演出はもちろん、本広克行〜♪」と発表。メンバーはステージに倒れ込んだり座り込んだり、ポカンとしながら松崎とモノノフ(ももクロファン)の「愛のメモリー」大合唱を見守った。

 演出を担当するのは、2015年に公開されたももクロ主演映画『幕が上がる』で監督を務めた本広克行氏。公演は9月24日〜10月8日まで千葉・舞浜アンフィシアターで行われる。

 サプライズを発表し終えてご満悦な松崎は「みんな本当にきれいになったね。美しくなった」とメンバーをベタ褒め。「今度はミュージカルだよ。歌って踊って演技して」と白い歯をみせた松崎は「ドゥ・ユ・ワナ・ダンス♪」と即興で歌いはじめ、5人で軽やかにステップ。メンバーが「一緒にやります? 一緒にやってくださいよ」と共演を熱望すると、松崎は「来年70歳ですから。階段だって歩くより転げ落ちたほうが早いんだから」と笑わせつつ、「これからももクロはミュージカルスターを目指します」とメンバーに代わってモノノフに宣言してステージを後にした。

 メンバーは、サプライズの内容に驚きつつも、高城は「みんな『愛のメモリー』うまくなったね」とにっこり。口々に「大合唱うれしいね」「さすがモノノフ!」と喜び、百田は次の曲にいくまえに「踊る準備できてますか? 『ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?』」とミュージカルタイトルになぞらえてうまくまとめた。

 なお、来年の結成日・5月17日には、5枚目のアルバム『MOMOIRO CLOVER Z』がリリースされることが決定。それに先駆け、今年8月から5ヶ月連続で新曲を配信する。

オリコン

「ミュージカル」をもっと詳しく

「ミュージカル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ