Dr.倫太郎の「ぼくの大好きなコメディアン」の正体明らかに

5月23日(土)7時0分 NEWSポストセブン

『Dr.倫太郎』の「大好きなコメディアン」とは誰?

写真を拡大

 石橋蓮司(73才)、高梨臨(26才)など連続テレビ小説『花子とアン』(NHK)のキャスト集結にパルピテーション再来! ハリセンボン・近藤春菜(32才)の演技に泣かされた!!


 堺雅人(41才)が伝説のドラマ『半沢直樹』(TBS系)以来、約1年半ぶりに連ドラ主演を務める『Dr.倫太郎』(日本テレビ系)は、毎回そんなニュースが尽きないが、今いちばん話題になっているのが、倫太郎の「ぼくの大好きなコメディアンが言っていました」という台詞に続く名言の数々。


《コメディアンって誰?》《実在するの?》との声も上がるなか、女性セブンが突き止めた正体は…なんと、あの、タモリ(69才)だったのです。


「脚本家の中園ミホさんはとにかく堺さんの大ファンで、この脚本も堺さんをイメージして書いたそうなんですが、同時に中園さんはタモリさんの大ファンでもあるそうです。飄々としながらも核心をついたような発言をするけど、でもなんかおちゃらけているところなど大好きだって公言しています」(番組関係者)


 それだけじゃない。タモリと堺は所属事務所の先輩・後輩の間柄。


「とはいえ堺さんにとってタモリさんは大大大大…先輩ですから、すごく深いつきあいがあったわけではないようなんですが、堺さんが『友達の輪』にゲスト出演した時、下積み時代に“タンポポを食べていた時期がある”と話したことにタモリさんはすごい興味を持ったようで、以来、仕事の相談も含めいろいろ話す仲になったそうです。堺さんはタモリさんに自分が好きな歌人の詩集などをプレゼントしたこともあるそうです」(芸能関係者)


 そして今年元日に放送されたNHKのスペシャル番組で共演が実現した。そこでタモリは、「今だから言えることですが、小学3年生のころからじいさんの晩酌の相手をさせられ、盃いっぱいの日本酒を飲まないと晩飯を食わせてもらえない、食後は麻雀をやらなきゃダメというむちゃくちゃな家庭で、中学になったときに酒と麻雀をきっぱりやめました」と告白した。


「堺さんはタモリさんの話を興味深く聞いていて“タモリさんの一族の歴史で番組を作ったら面白い”と言っていました。タモリさんとの共演についても“お金をいくら積んでも味わえない豊かな時間を過ごせた”と興奮気味だったんですよ」(前出・芸能関係者)


※女性セブン2015年6月4日号

NEWSポストセブン

「コメディ」をもっと詳しく

「コメディ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ