第3次韓流ブーム、悪いイメージがない若い世代が熱く支持

5月23日(水)16時0分 NEWSポストセブン

親子で盛り上がる韓流ファンも(写真はSEVENTEEN/アフロ)

写真を拡大

 今、第3次韓流ブームが到来している。「TWICE」「防弾少年団」などの韓国アイドルグループやチーズタッカルビ、オルチャン(美少女)メイクなど、アイドル、食、コスメ、ファッション…今、全く新しいカルチャーが続々登場。ビジュアル映えするスポットやフードが目白押しだ。


 そして、今のブームを支える若い世代は、韓国カルチャーを純粋に楽しんでいる。これまで、日韓関係が揺れるたびに韓流ファンの心を揺さぶってきたような葛藤は、そこにはない。女子中高生たちによるマーケティングチーム『JCJK調査隊』を率いる、『AMF』社長の椎木里佳さんは、こう話す。


「竹島問題のことも知らない子が多いですね。良くも悪くも歴史も政治も知らないので、韓国に対して悪いイメージがない。日韓で、若い人同士、インスタで仲よくなったりしているくらいです」


 第2次韓流ブームからハマったという河合絢さん(45才・仮名)は「中1の娘も韓流ファンになってくれて嬉しい」と笑う。


「娘が小さい頃から韓流ドラマやK-POPを一緒に見ていたからですかね。娘とは“防弾の動画アップされた”とか“セブチ(SEVENTEEN)のライブチケットどうする?”って盛り上がれるので、思春期のわりに仲はいいと思います。私のファン仲間とも“韓国”を共通語として話ができるのも嬉しいかな。ただ放っておくと学校の宿題じゃなくて韓国語の勉強ばかりしちゃうんですけど(苦笑)」


 第1次・第2次ブームを牽引してきた世代は、新大久保やコンサート会場、韓国旅行などに60代と30代の母娘で遊びにきていた。今は50代と10〜20代の母娘という新しい親子が同じように遊び、ともすると3世代で遊べるコンテンツとなっているのだ。


 一方でこんな声も…。韓流ファン歴15年の坂田三枝さん(50才・仮名)はこう話す。


「第1次世代の私としては、あまりに勢いのある今のブームに、正直気後れ気味(苦笑)。韓流のことも韓国の歴史も知らない子たちがドカッとテリトリーにやってきた感じで。


 でも、私が韓流ドラマにどハマりしたように、彼女たちは今のカルチャーにハマったわけですよね。入り口がなんであれ、ハマったもの同士、仲よくやりたい(笑い)。そうやって、いずれは日韓関係もうまく交流できていったらいいなと願っています」


※女性セブン2018年5月31日号

NEWSポストセブン

「韓流」をもっと詳しく

「韓流」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ