安室奈美恵、沖縄県民栄誉賞に涙「引退まで…」

5月24日(木)15時2分 AbemaTIMES

 今年9月16日に引退する歌手・安室奈美恵(40)が、23日に沖縄県庁から「沖縄県県民栄誉賞」が授与された。


 同賞は県民に「明るい希望と活力を与える顕著な功績があったもの」に贈られる賞として、1999年に創設された。2010年に元女子プロゴルファー・宮里藍(32)が受賞するなど、スポーツ選手が受賞しており、芸能界からの受賞は安室が初となる。


 翁長雄志沖縄県知事(67)が「安室さんのデビューから25年にわたる活躍は県民に大きな夢と感動を与えるものであり、今回県民栄誉賞を授与させて頂くことといたしました」と受賞の理由を読み上げている間、安室は感極まった様子で、涙をぬぐう場面もあった。


 安室は「沖縄県に対しては、優しい場所でもあるし自分に厳しい場所でもあります。いつも帰ってくる度に初心に戻してくれる場所なので自分にとっては落ち着ける場所だなと思っています」と故郷・沖縄への思いを明かした。ファンに対しては「引退までの間のその時間に関しては、一生懸命9月16日まで活動していけたらと思っています」とメッセージを述べた。

(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)


▶︎放送済み『けやきヒルズ』の映像は期間限定で無料視聴が可能。

AbemaTIMES

「県民栄誉賞」をもっと詳しく

「県民栄誉賞」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ