塩地美澄、体を張りすぎてグラドルよりセクシーになってしまう事故

5月24日(木)22時0分 AbemaTIMES

 21日深夜に『妄想マンデー』(AbemaTV)が放送された。


 5月22日が「サイクリングの日」ということから、今回は自転車に関連したさまざまな競技に妄マンガールたちが挑戦。


 「チンチンサイクリング」では、自転車のハンドルに取り付けた“チンベル”こと卓上ベルを胸を使って1分間に何度鳴らせるかを競うことに。


 最初に挑戦したのは“やなパイ”こと柳瀬早紀で、100センチIカップという規格外の胸を揺らしながらチンベルを連打。迫力たっぷりの光景に、思わず今野杏南は「どうなっちゃってんのこれ、スゴいね」と漏らす。


 するとアルコ&ピース・平子祐希は、なぜか柳瀬の正面に回り込んで顔を凝視し「あえて顔見るといい!」と独自の楽しみ方を見つけ出す。


 続いて挑戦したのは松嶋えいみで、チンベルに胸が届かず「ん……鳴らん!」と苦戦していると、平子は「十分デカいんだよ?」と松嶋の胸のサイズをフォロー。その後は「真顔で見て、怒って!」「ゆっくり『きったねえ』って言って!」などと指示を出し、オリジナリティを演出していた。


 3番手に挑戦した月城まゆは「お尻推しなんでお尻で行きます」と、サドルにもチンベルを置いて“二刀流”で勝負。アルコ&ピース・酒井健太が「本当に賢い子!」と賛辞を送る中、お尻と胸を使って器用にチンベルを鳴らす。


 最後には、サブMCの塩地美澄も挑むことに。水着の妄マンガールたちと違って洋服を着ての挑戦だったが、むしろ着衣であることがHな雰囲気を醸し出し、今野は「誰よりもエロいかも」と驚いていた。


(C)AbemaTV 

AbemaTIMES

「グラドル」をもっと詳しく

「グラドル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ