ニッチェ・江上、薬味が余った時の活用法を紹介し「美味しそう」「そういう使い方があったかー!」の声

5月24日(金)11時20分 AbemaTIMES

 お笑いコンビ・ニッチェの江上敬子が22日にアメブロを更新。薬味が余った時の活用法を紹介した。

 この日江上は「皆さんは、薬味が余った時ってどうされてますか??私は今まで、お味噌汁に多めに入れたり、炒飯に入れたり、パスタの具にしたりしていたのですが。。薬味が主役の丼を、ネットで発見してしまったのです!!!『タモリさんの幸せ丼』」と明かした。

 この『タモリさんの幸せ丼』のレシピは「豆腐と、薬味を細かく切ったものをご飯の上にのせ、その上に温泉たまごをのせ、食べるラー油をかけて混ぜて食べる 薬味はたっぷりと」とのことで「ずっと美味しそうだなと思っていて、昨日中途半端に薬味が余っていたので、豆腐抜きで作りました」と写真を公開した。

 また「今回は、茗荷と貝割れ大根とネギを細かく切ってのせました 後、ご飯の上に韓国海苔もちぎってのせてみました」と明かし「まぜまぜして。。パクリ!!!お。。美味しいぃぃぃ」と幸せそうに丼を食べる自身の写真を公開、「薬味もっとのせれば良かった〜と思うくらい、薬味と食べるラー油とご飯の相性抜群でしたし、大葉とか生姜もあったらもっと美味しかったかも!!」「これで、鍋の時とかに薬味が余るなんてもう怖くないぞータモリさん。。感謝いたします」とブログを締めくくった。

 これに対してファンからは「薬味丼情報ありがとう〜!」「薬味、そういう使い方があったかー!」「薬味丼美味しそうですね」「刻んだ沢庵を入れてもアクセントになって美味しそう!」などのコメントが寄せられている。
 

▶ 初対面で結婚式!すぐ婚姻届を書いてそのまま"新婚"生活に突入!"新婚"観察リアリティーショー『いきなりマリッジ2』

AbemaTIMES

「薬味」をもっと詳しく

「薬味」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ