吉永小百合主演『いのちの停車場』興収・動員数初登場1位!「生きるチカラが湧いてきた」の声も

5月24日(月)17時15分 シネマカフェ

『いのちの停車場』(C)2021「いのちの停車場」製作委員会

写真を拡大

吉永小百合をはじめ、松坂桃李広瀬すず、そして西田敏行といった日本を代表する実力派豪華キャスト陣が出演する『いのちの停車場』が5月21日(金)より公開を迎え(一部劇場を除く)、新作映画として興行収入・動員数で堂々の初登場1位を獲得したことが分かった。



緊急事態宣言による映画館の休業要請のあった一部地域、東京、大阪などの映画館の休業が続く中、『名探偵コナン 緋色の弾丸』『るろうに剣心 最終章 The Final』や同日公開の『地獄の花園』を抑え、興行収入1億4,844万7,440円、動員数13万4,643名(週末2日間5月22〜23日)、累計興行収入1億7,968万1,920円、動員数16万1,132名(5月21〜23日)を達成、新作映画、堂々の初登場1位となった。


観客層は、主演の吉永さんファンを中心に30代40代にも広がりをみせ、松坂さん、広瀬さんら若手キャストファンの若年層も劇場に駆けつけるなど、老若男女問わず複数人での来場者が目立った。いち早く本作を劇場で鑑賞した方々からは「すごく心あたたまる素敵な映画」「ここまで終始泣いている映画は初めて」「私も身近な人を大切に生きようと思った」「生きるチカラが湧いてきた」など絶賛する声も続出。


また劇場関係者によると、上映状況の問い合わせや「作品の延期が続いている中、作品を出してくれてありがたい」といった声が多く寄せられているほか、「(上映後)感動して泣いて出て来られる方が多く、皆様の満足度も高いと感じた」との声が届けられているという。

『いのちの停車場』は全国にて公開中。※一部地域は順次公開

シネマカフェ

「吉永小百合」をもっと詳しく

「吉永小百合」のニュース

「吉永小百合」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ