深川麻衣、大先輩との撮影回顧 本田翼は“熱意”明かす<空母いぶき>

5月24日(金)16時38分 モデルプレス

本田翼、深川麻衣 (C)モデルプレス

写真を拡大

本田翼深川麻衣/モデルプレス=5月24日】女優の本田翼と深川麻衣が24日、都内で行われた映画「空母いぶき」初日舞台挨拶に、西島秀俊佐々木蔵之介市原隼人、藤竜也、若松節朗監督と登壇した。

「沈黙の艦隊」「ジパング」のかわぐちかいじ氏による累計500万部突破のベストセラーコミックを映画化した同作。国籍不明の軍事勢力に領土の一部が占領された日本の最南端沖に向かった初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心に、日本がかつて経験したことのない24時間を描いた。

“空母いぶき”に乗り込む唯一の女性であり、国家危機に翻弄されながらも果敢に立ち向かおうとするネットニュースの記者を演じた本田。映画の中で「とても重要な役どころ」だったことをふまえて、「もともと原作にいないキャラクターなので、だからこそオリジナルで出ることの意味、役割を見つけて、やり通せないといけないなと思って臨みました」と熱意をもって撮影していたことを振り返り、「観てくれた方が、私の役があって、映画がより観やすくなったと思って頂いたら嬉しいです」と同作に込めた思いを明かした。

◆深川麻衣「朗らかな空気感で撮影」

また、緊張感あふれる同作の中で、自身の出演シーンが「オアシスの様」と紹介された深川は、中井貴一との共演を振り返り、「大先輩ですので緊張したんですけど、カメラが回るたびにアドリブが飛び出して、朗らかな空気感で撮影が出来ました」と紹介。

劇中の小道具にまつわるエピソードや、「耳栓が登場するんですけど、それが中井さんのマイ耳栓なんです」と裏話を明かしつつ、「そういう中井さんのこだわりとユーモアが詰まったシーンになっていますので、もしまた観てくれる方がいましたら注目してみてください」とアピールした。

◆西島秀俊「平和の大切さを感じて頂けたら…」

なお、初日舞台挨拶では原作のかわぐち氏から「『空母いぶき』を実写映画として何としても完成させるという製作陣の意志は、自衛隊を「国防」という本来の任務で、日本で初めて描くんだという強い思いだったと想像します。映像にみなぎる緊迫感は、「国防」という重要な問題を正面から描いている迫力です。原作者としてその映像に接することができ、これ以上の本望はありません。製作に関わったスタッフの皆様、俳優の皆様、本当にごくろう様でした。そして、ありがとうございました」と、同作の封切りに寄せてメッセージ届いた。

これを受けて「感激しました。本当に嬉しいです」と喜びを噛み締めた主演の西島は、「この映画に関わって、出来上がった作品を観て、改めて自分が平和に毎日楽しく過ごしているのには、その平和を守ってくださっている人がいると実感しました。この映画を観て、映画館を出て、平和な街を見た時、改めて平和の大切さ、かけがえのなさを感じていただけたら嬉しいです」と同作に込めた思いを語った。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「深川麻衣」をもっと詳しく

「深川麻衣」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ