CM美少女・池間夏海、NHKドラマ初主演に手応え「“宮崎の子”になってきている感覚」

5月24日(金)18時3分 オリコン

NHK・宮崎発地域ドラマ『ひなたの佐和ちゃん、波に乗る!』(9月11日放送)主演の池間夏海(中央)、田中麗奈(左)、玉山鉄二(右)(C)NHK

写真を拡大

 「シーブリーズ」のCMで注目を集めた若手女優・池間夏海が24日、NHKドラマ初主演に挑んでいる、宮崎発地域ドラマ『ひなたの佐和ちゃん、波に乗る!』(9月11日 後10:00〜10:59 BSプレミアム)の撮影現場で取材に応じた。オール宮崎ロケで、「今日が29日目。ロケを通じて“宮崎の子”になってきているような感覚です。残りの撮影も気を引き締めていきたいです」と話していた。

 池間は、2013年、ドラマ『斉藤さん2』(日本テレビ)で女優デビュー。以来、数々の映画やドラマに出演、昨年末公開の映画『ニセコイ』では準ヒロインを務めた。

 本作は、変化に富んだ海岸線と豊かな波、温暖な気候に恵まれ、世界有数のサーフィン天国である宮崎県の“ご当地ドラマ”。9月に東京オリンピックの代表選考会を兼ねた世界選手権の開催を控え、大いに盛り上がっているサーフィンを題材に、“ひなた”のような明るさと温かさをもつ一人の女子高校生が、元々は嫌いだったサーフィンとの出会いを通して自分の殻を破り成長していく姿を描く。

 池間が演じる是澤佐和は、日向市の細島という小さな港町で母と弟と3人暮らし。軽音部のバンドでボーカルをしているブルーハーツが好きな高校3年生。「とても家族思い、友達思いで、ド直球な子です。喜怒哀楽が激しくて演じるのが難しいと感じることもありましたが、芝居の稽古や方言指導を受けさせていただきながら、だんだんと佐和になっていく感覚がありました」と手応え。

 沖縄県出身の池間は、どことなくふるさとの沖縄と空気が似ている宮崎の印象を「食べ物も美味しくて、景色も綺麗で、人も本当に温かいです。最初は初めてのことだらけで緊張していましたが、撮影中、車の中から地元の方が会釈をしてくださったこともあって、そうやって地元の方々の温かさに触れながら緊張がほぐれてきて、いま毎日楽しく撮影をしています」と話していた。

 佐和の母・是澤佳子役で共演している田中麗奈は「主演の夏海ちゃんがとてもしっかりされているので、とても安心して撮影に臨んでいます。夏海ちゃんは、周りの演出にもしっかり応えて、まっすぐ演じていらっしゃるので、とても居心地よく過ごさせていただいています」。

 サーフィン一筋に生きる離婚した父・中村卓役の玉山鉄二も「佐和ちゃんとたくさんお芝居していく中で、堕落しているお父ちゃんを演じるのが心地よく感じてしまっています(笑)」と話していた。

オリコン

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ