乃木坂46“次世代エース”与田祐希、『MAQUIA』&『bis』2誌レギュラーモデル抜てき

5月24日(金)8時0分 オリコン

『MAQUIA』と『bis』レギュラーモデルに起用された乃木坂46・与田祐希=写真は2018年マキア4月号 撮影/中村和孝(まきうらオフィス)

写真を拡大

 人気アイドルグループ・乃木坂46与田祐希(19)が、集英社のビューティー誌『MAQUIA』と光文社の女性ファッション誌『bis』の2誌のレギュラーモデルに抜てきされたことが24日、明らかになった。次世代エースの呼び声高い美少女が、モデルというフィールドでも活躍していく。

 3期生として乃木坂46に加入した与田は、2017年12月に同期で初となるソロ写真『日向の温度』をリリース。人生初となる水着姿にもチャレンジし、累計発行部数は10万部を超えるヒットを記録した。女優としてもドラマ『モブサイコ100』(2018)に出演し、ドラマ『ザンビ』ではメインキャストで活躍するなど、ソロでも注目を集めている。

 グループでは多数のメンバーが女性誌の専属モデル・レギュラーモデルを務めているが、『MAQUIA』のようなビューティー誌の起用は与田が初めて。また、『bis』はこれまで与田が様々な企画に出演し、読者からの人気が評価されてのレギュラーモデル起用となった。

 モデルに対して「私自身は身長が低いこともあり、憧れはあるものの遠い世界だと感じていた」という与田は、「今回お話をいただいた時はすごく驚きましたし、今は素直に嬉しい反面、不安も大きいです」と率直な心境を吐露。それでも、「美容については自分の努力次第で大きく変わることができる分野だと思うので、まだまだ未熟ではありますが『MAQUIA』に相応しい魅力的なモデルに成長できるよう、精一杯努めていきたいです!」と前向きに意気込む。

 『bis』モデルについても「これまでも何度か出演させていただいた中で、ヘアメイクやファッションも毎回かわいくて、撮影の時も一読者としてもいつも楽しみにしていました! モデルとしてまだまだ未熟なので不安もありますが、これから幅を広げられるよう日々勉強していきたいです!」と胸を高鳴らせている。

 『MAQUIA』の湯田桂子編集長は「無限の可能性を秘めたピュアな顔。この先モデルとしてのキャリアを重ね、どこまで大人の美しさを開花させていくのか、楽しみです」と与田のポテンシャルを高く評価。

 『bis』の青木宏之編集長も、与田が17歳で初登場した1年3ヶ月前のことを「キラキラと輝く瞳、圧倒的な透明感。全身から放つかわいいオーラにスタッフ一同が圧倒されました」と回想。成長し19歳になった与田について「かわいいオーラをさらに強く放ちながら美しく成長しています。“少女の心を忘れずに大人の女性になる”というbisのテーマにまさしくドンピシャの存在が与田さんです」と期待を寄せている。

 『MAQUIA』は7月22日発売の9月号から、『bis』は6月1日発売の7月号から、それぞれレギュラーモデルとして登場する。

オリコン

「乃木坂46」をもっと詳しく

「乃木坂46」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ