西島秀俊「平和の大切さを感じてほしい」 佐々木蔵之介「『空母いぶき』への参加は怖かった」

5月24日(金)18時17分 エンタメOVO

映画『空母いぶき』公開の喜びを語った西島秀俊

写真を拡大

 映画『空母いぶき』初日舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者の西島秀俊佐々木蔵之介本田翼市原隼人深川麻衣、藤竜也、若松節朗監督が登場した。

 本作は、国籍不明の軍事勢力から攻撃を受け、戦後最大の危機に陥った日本を舞台に、命懸けで国を守る自衛官や政府の姿を描く。

 自衛隊初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」の艦長を演じた西島は「この作品に関わって、今自分が平和に毎日を楽しく過ごしているのは、その平和を守ってくれている人たちがいるからなんだなと実感しました。映画を見終わった後に平和な街を見て、改めて平和の大切さ、かけがえのなさを感じてほしいです」と思いを語った。

 「空母いぶき」の副長を演じた佐々木は「(原作者の)かわぐちかいじ先生が、怖さというものを大切に描きたいと(言っていた)。僕もこの映画に参加するときに、やはりちょっとひるみました。怖いなと思いましたが、今日初日を迎えて、この船に乗って良かったなと感謝していますし、誇りに思います」と話した。

 また、原作者のかわぐち氏が「映像にみなぎる緊迫感は『国防』という重要な問題を正面から描いている迫力です。原作者として、これ以上の本望はありません。ありがとうございました」と書いた手紙が読まれた。

 これに対して西島は「感激しました。先生の原作はテーマがとても深いので、実写化するのが難しいと言われる中で、こうして完成して、お手紙も頂いて感無量です」と語った。

エンタメOVO

「西島秀俊」をもっと詳しく

「西島秀俊」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ