清野菜名、中学で女性の先輩に片思い! 山本舞香は驚きの恋愛観告白

5月25日(金)22時21分 マイナビニュース

映画『恋は雨上がりのように』(5月25日公開)の公開初日舞台挨拶が25日に都内で行われ、小松菜奈大泉洋清野菜名磯村勇斗葉山奨之、松本穂香、山本舞香、永井聡監督が登場した。

同作は眉月じゅんによる人気同名コミックを実写化。「このマンガがすごい!」「マンガ大賞」「全国書店員が選んだおすすめコミック」など各賞にランクインしている。陸上の夢を怪我で断たれた女子高生のあきら(小松)が、冴えないファミレスの店長・近藤(大泉)の優しさに触れ、28歳差の片思いをする。

作品にちなみ、片思いのエピソードを聞かれた出演者陣。清野は「中学の時にバスケ部の先輩がすごくカッコよくて好きになっちゃって、家に帰って相合傘とか書いた」と微笑ましいエピソードを披露した。しかし「すごく好きになっちゃったんですけど、その人は女の人で。バスケ部の先輩って髪の毛がすごくショートなので男の子っぽくも見えるから」と衝撃の告白に、会場は騒然となる。

清野がうっとりした目で好きな先輩を見ていたことから、「ある時、違う先輩から『菜名ちゃんさあ、あの人のこと好きなの?』と言われて、好きっていう気持ちは押し殺した」と切ない展開を告白。「その先輩もその先輩のことが好きだったんですよ。だから引きました。怖くて」と振り返ると、大泉も「女の子からモテモテの女の子の先輩だったんだ」と驚いていた。

また山本は「告白してもらいたいタイプなので、片思いというより、相手が私のことを思ってなかったら、いいやという感じ。なので、私から片思いというのはあまりないです」ときっぱり。大泉が「どういうことなの!?」と驚くと、山本は「好きな人に素直に伝えられないから、片思いができないんです。待てないから!」と説明。大泉がさらに「好きな人がいたとして、あなたに告白しなければ諦めちゃうの?」と尋ねると、山本は「興味ないです、そんな人。私に興味がないとわかったら、興味がないです」と持論を展開する。山本は「わかんないですけど、片思いしたらしんどいから、できないです。すいません、変な人で」と独特の恋愛観を明かした。

マイナビニュース

「清野菜名」をもっと詳しく

「清野菜名」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ