A.B.C-Z戸塚祥太&ふぉ〜ゆ〜辰巳雄大、バンド生演奏に手応え 全国ツアー熱望<BACKBEAT>

5月25日(土)16時11分 モデルプレス

辰巳雄大、戸塚祥太 (C)モデルプレス

写真を拡大

戸塚祥太・辰巳雄大/モデルプレス=5月25日】A.B.C-Zの戸塚祥太、ふぉ〜ゆ〜の辰巳雄大が25日、東京芸術劇場にて行われた舞台「BACKBEAT」のフォトコール&囲み取材に出席した。

同作は、伝説のロックバンド・ビートルズの創成期であるハンブルグ時代を描いた伝記映画「BACKBEAT」(1994年公開)を、監督のイアン・ソフトリー自身が舞台化。ビートルズ結成時のベーシストで、デビュー目前に21歳で天折したスチュアート・サトクリフにスポットを当て、学生時代からの親友であり彼を敬愛していたジョン・レノン、そしてポール・マッカートニー、さらにハンブルグでの出会いにより恋人となる写真家のアストリッド・キルヒヘルら、若者たちの揺れ動く心を繊細に描き出す。

初回公演を目前に控えた心境について、戸塚は「準備万端です。ばっちりです」と声を弾ませた。「僕たち、スタッフさんから『ビートルズのみなさん』と呼ばれるのですよ。凄く気分がよくて。なりきらさせて頂いています」とエピソードを紹介。辰巳が「これが“令和のビートルズ”です」と告げ、取材を盛り上げた。

劇中では、生歌と生演奏によるライブシーンも披露される。楽器の演奏が話題にあがると、戸塚は「最初は絶望くらいからスタートしたと言っても過言ではないのですが」とするも、練習を重ねた結果、「今はもうこのスタイルに完全にフィットしています。観て頂いた方の感想がすごく楽しみです」とにっこり。

辰巳は「ツアーをやりたいです」と声を弾ませた。「まずはここに来て頂いてみなさんに観て頂きたいのですが、そのあとは、全国各地を回って、曲を届けたいくらいですね。このバンドで」と“全国ツアー”を熱望。

辰巳は「ほぼギターが弾けない状態から始まって、そこから1日8時間くらいは練習をして、ここまで来ました」と振り返ったうえで、「今、1人で、ギターをソロで演奏し、それだけを聴いてもらったら、まだまだ至らないところはあるのですが、このバンドで一緒にやると、すべてを補う力があるといいますか。ひとつのパワーが生み出されるという感じなので、自信を持って弾けるようになりました」と目を輝かせた。

加藤和樹は「ライブ感はステージでしか味わえないものなので、そういうものも体感して頂きたいです」と見どころを紹介。辰巳も「(ライブシーンでは)何が起こるか分からないですから」と興奮気味に話していた。

戸塚は「本日、初日を迎えます。ロックに始まり、一時も速度を落とさずに、最後の最後まで、千秋楽まで、ロックで駆け抜けていきたいと思います」と力強く言葉にした。

囲み取材にはそのほか、JUON、上口耕平、夏子、鈴木壮麻、尾藤イサオ、翻訳&演出の石丸さち子氏が出席した。

舞台「BACKBEAT」は5月25日〜6月9日まで東京芸術劇場、6月12日〜16日まで兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール、6月19日に刈谷市総合文化センターアイリス大ホール、6月22日〜23日にやまと芸術文化ホールメインホールにて上演。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「戸塚祥太」をもっと詳しく

「戸塚祥太」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ