『なつぞら』夕見子に北大で会える 福地桃子が北大祭でトークショー

5月25日(土)12時0分 オリコン

『第61回北大祭』に『なつぞら』夕見子がやってくる! 6月8日、福地桃子が登壇するトークショー開催(C)NHK

写真を拡大

 NHKで放送中の連続テレビ小説『なつぞら』(月〜土 前8:00 総合ほか)で、ヒロイン・奥原なつ(広瀬すず)が引き取られた十勝の酪農家・柴田家の長女、夕見子を演じる女優の福地桃子が、6月8日に『第61回北大祭』で開催されるトークショーに登場する。北海道大学で、北大生・夕見子に会える、またとない機会だ。

 夕見子は、父が突然連れてきた戦災孤児のなつに初めは戸惑うも、同い年ということもあり、一緒に暮らす中で、互いに悩みを打ち明け合い、本当の姉妹のようになっていく。なつは高校卒業後、当時「漫画映画」と呼ばれていたアニメーションの世界にチャレンジするため上京。一方、夕見子は酪農家の長女でありながら、当時の女性としては珍しく大学進学を目指し、第43回(5月20日放送)で見事、志望していた北海道大学に合格した。

 総合テレビ『NHKニュース おはよう日本』のエンディングで、直後にはじまる連続テレビ小説についてコメントする“朝ドラ送り”で、高瀬耕造アナウンサーは「夕見子ちゃん、率直でいいですね」「家族の心を引っかき回す夕見子ちゃんが絶好調」などとたびたびコメント。第42回(5月18日放送)で北大受験に向かう際には、SNSで「なんだこの娘は!と思ってた夕見子、受験頑張れ!大好きだ」「夕見子、大学受験か 頑張れ!」「夕見子、受験がんばってー!」と応援の声も上がるなど、視聴者人気は高い。

 そんな夕見子を演じる福地が、北大祭のスペシャルステージでどんな撮影秘話を語るのか、楽しみだ。

 今年の北大祭は、6月7日から9日の3日間。全長1.2キロのメインストリートには、学生たちが工夫を凝らした模擬店が立ち並び、その出店数は日本屈指のもの。2018年度は延べ9万人の来場があったという。

■第61回北大祭SPECIAL STAGE「なつぞら」夕見子がやってくる!
日時:6月8日(土) 後1:00〜
場所:北海道大学 体育館横特設ステージ
   北海道札幌市北区北17条西7丁目
観覧:無料
※事前の申し込みは不要。当日直接ご来場ください。
※混雑状況により、入場を規制することがあります。

オリコン

「なつぞら」をもっと詳しく

「なつぞら」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ