華子が死んだのは翔太のせい? 松岡広大、三浦翔平らに責められる

5月26日(土)23時0分 AbemaTIMES

 5月26日夜10時より、AbemaSPECIALチャンネルにて、AbemaTV(アベマティーヴィー)開局2周年記念オリジナル連続ドラマ『会社は学校じゃねぇんだよ』の第6話と、出演者たちが撮影の舞台裏を語るメイキング番組『まだまだ終わりじゃねぇんだよ』が放送された。

 鈴木おさむ氏が脚本を担当したこの作品は、学生時代、渋谷のギャル男たちの代表をしていた主人公の藤村鉄平三浦翔平)が様々な壁にぶち当たりながらも、「会社は学校じゃねぇんだよ」と決め台詞をはきながら、仲間とともに起業し、前に進んでいくリベンジサクセスストーリー。


 主要メンバーとして、鉄平らとともに会社に貢献してきた華子(宇野実彩子)が交通事故で死んでしまうという衝撃的な6話。華子を演じる宇野は、いろいろ考えた回だったと振り返り、とくに鉄平に告白するシーンは冷たい鉄平に悲しくなったという。


 そして、華子と最後の時を過ごした翔太を演じた松岡広大は、「そもそもお前が飲みに誘わなかったら、華子は死んでなかった」「飲みに行ったとしても家まで送れよ!」と三浦と早乙女から責められることに。


 「送ればよかったっていう懺悔もあったし、7話ではまた違った展開がある」と必死に言い訳をする松岡だったが、三浦には、「視聴者のみんなも同じように思ってるよ」と言いくるめられ、宇野も「(翔太に)飲ませられた」と悪ノリ。松岡はタジタジの様子だった。


 同放送では、他にも出演者たちの仲睦まじいトークが垣間見えたりと、ドラマがさらに楽しめる内容となっている。


(c)AbemaTV

AbemaTIMES

「三浦翔平」をもっと詳しく

「三浦翔平」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ