乃木坂46・4期生、白石麻衣・堀未央奈ら先輩達への憧れ熱弁

5月26日(日)1時48分 モデルプレス

乃木坂46 23rdシングル『Sing Out!』発売記念4期生ライブ(提供写真)

写真を拡大

乃木坂46/モデルプレス=5月26日】乃木坂46の4期生が25日、神奈川・横浜アリーナにて「乃木坂46 23rdシングル『Sing Out!』発売記念4期生ライブ」を開催した。

◆「乃木坂46 23rdシングル『Sing Out!』発売記念」

同公演は、乃木坂46の23rdシングル「Sing Out!」(5月29日発売)の発売を記念して開催。初日(24日)はアンダー、2日目(25日)は4期生、最終日(26日)は選抜公演と分かれ、各日内容が異なったバリエーションに富んだ3日間に。4期生はこの日が初の単独公演ながら、チケットは即日SOLD OUT。約1万5千人のファンが会場に駆けつけた。

◆“自分がセンターをやりたい”過去の名曲をそれぞれ選択 感動のカバーステージに

ライブ中盤には、各メンバーが乃木坂46のシングル表題曲の中から“自分がセンターをやりたい楽曲”を選び、実際にその曲のセンターとしてパフォーマンスするという特別演出が。既にグループを卒業したメンバーの卒業ソングや、過去の名曲が4期生によって受け継がれ甦った。

曲の途中ではそれぞれが、選んだ曲と憧れの先輩への思いをVTRメッセージや会場でのスピーチで語り、涙を流すメンバーも。乃木坂46の歩みを受け継ぎ、グループを担っていく覚悟を感じさせる感動のステージとなった。

◆4期生、先輩の楽曲への思いを熱弁

全員センター企画のトップバッターを務めた賀喜遥香は、選んだ『ガールズルール』について「私の憧れが全部詰まっている曲だから選びました。乃木坂46が憧れだったんですけれど、その中でも白石さんとか、憧れる気持ちが強くて」と、同曲のセンターを務めた白石麻衣への思いを告白。

『裸足でSummer』を選んだ掛橋沙耶香は、「オーデションのときにこの曲のライブ映像を見て、全身に鳥肌が立つくらい感動しました。いつかこの曲でセンターを踊りたいと思っていたんです。今日は夢を叶えてくれて本当にありがとうございます!」と感謝を伝えた。

『帰り道は遠回りしたくなる』でセンターを務めた筒井あやめは「バースデーライブのときに、一度踊らせてもらった曲です。その時は先輩の後ろの方で踊っていたのですが、いつかこの曲を皆さんの前で披露できたらいいなと思っていました。不安もありますが、大好きな先輩の大切な曲なので、精一杯頑張って、いいものにしたいなと思っています」と宣言。

『いつかできるから今日できる』を選んだ柴田柚菜は「自信を無くした時とか、不安な時とか、なにかをやるぞと決めた時に聴いたり歌ったりしている曲です。今までこの曲に助けてもらっていた分、それを表現出来たらいいなと思います」と同曲への思いを明かした。

北川悠理は『ハルジオンが咲く頃』を選び「私は加入前、乃木坂46の曲に感動して泣いたことがあります。先輩たちはいつも素敵で温かくて、こんな私にも優しく声をかけてくださります。そんな方たちだからこそ、たくさんの方を感動させることができるのだと思います。だから私も先輩たちのように、少しでも多くの方たちを感動させられるようになりたい。そんな思いでこの曲を選びました。私は乃木坂が大好きです」と熱い気持ちを熱弁。

清宮レイは「自分にはどんな曲がいいかなと思った時に、一番自分らしくできる曲を考えました。私はこんなに大きな会場でやらせていただけるのなら、大勢の皆さんと盛り上がりたい!どうしても4期生でだるまさんが転んだをやりたい!」と、『ジコチューで行こう!』のセンター務めた。

◆矢久保美緒は堀未央奈への憧れを告白

矢久保美緒は、自身が選んだ『バレッタ』について、「私はずっと乃木坂46が大好きだったんですけど、実はこの曲が好きになるきっかけの曲なんです」と紹介。「小学生だったんですけど、初めてMVを見た時に、センターの堀さんに一目惚れしたんです。堀さんはすごくオーラがあって、真ん中にいるだけでワって、オーラがある方なので、そういうところが魅力的です」と、同曲のセンター・堀未央奈への想いを明かした。

『命は美しい』を選んだ田村真佑は、「初めてこの曲を踊る先輩たちを間近で見た時、あまりのかっこよさに感動しました。私も踊ることが大好きなので、いつかこの曲を、ステージの上でかっこよく踊ることが夢でした」と告白。

遠藤さくらは、『シンクロニシティ』について「自分のやってみたい曲に挑戦させていただけるということで、まっ先にこの曲を選びました」と明かし、「でもこの曲は乃木坂46の楽曲の中でも、とても難しいパフォーマンスが要求される曲だと思うので、正直自分にできるのかと、不安な気持ちにもなりました」と吐露。「少し前の自分なら、やる前から諦めてしまっていた思います。でもこの春、私はプリンシパルという舞台を経験して、いろいろな感情を表現する楽しさ、悔しさも知りました。この曲は表情や感情がとても大切な曲だと思うので、自分の感情を出して表現することに挑戦してみたいと思います」と成長した自分を見せることを誓った。

北海道から上京してきた金川紗耶は、『サヨナラの意味』について語るVTRが流され「上京してくる時に、その曲を聞くと…」と涙。「気持ちが入りやすいというか、乗れる曲なので、気持ちを乗せて一生懸命歌いたいです」と話した。

『太陽ノック』を選んだ早川聖来は、「私は一年の中で一番夏が好きです。だから一番夏を感じられるこの曲を選びました。笑顔で全力のパフィーマンスをたくさんの人に見ていただきたいです」とアピール。

さらに全員センター企画のコーナーが終わり、感想を聞かれた金川は、「センターになりたいってずっと思ってたんですけど、いざやってみると緊張もプレッシャーもすごいし、軽く考えてたらだめだなと思ったし、もっとこれから頑張って前に出られたらいいなと思います」と決意を語っていた。

■「乃木坂46 23rdシングル『Sing Out!』発売記念〜4期生ライブ〜」<5月25日セットリスト>

OVERTURE
M1.4番目の光
M2.ロマンスのスタート
M3.ハウス!
M4.そんなバカな…
M5.あの日 僕は咄嗟に嘘をついた
M6.世界で一番 孤独なLover
MC
【全員センター企画】
M7.ガールズルール(賀喜遥香センター)
M8.裸足でSummer(掛橋沙耶香センター)
M9.帰り道は遠回りしたくなる(筒井あやめセンター)
M10. いつかできるから今日できる(柴田柚菜センター)
M11. ハルジオンが咲く頃(北川悠理センター)
M12. ジコチューで行こう!(清宮レイセンター)
M13. バレッタ(矢久保美緒センター)
M14. 命は美しい(田村真佑センター)
M15. シンクロニシティ(遠藤さくらセンター)
M16. サヨナラの意味(金川紗耶センター)
M17. 太陽ノック(早川聖来センター)
MC
M18.心の薬
M19.失いたくないから
M20.きっかけ
MC
M21.あらかじめ語られるロマンス
M22.ロマンティックいか焼き
M23.トキトキメキメキ
M24.ダンケシェーン
M25.キスの手裏剣
<EN>
EN1.夏のFree&Easy
EN2.おいでシャンプー
EN3.乃木坂の詩

■<4期生:主な実績>

■2018年8月:坂道合同オーディション合格
■2018年12月:日本武道館にて「4期生お見立て会」開催
■2019年2月:「7th YEAR BIRTHDAY LIVE」@京セラドームにて、5万人の前でBIRTHDAY LIVE初ステージ
■2019年4月:4期生初舞台「3人のプリンシパル」公演@池袋サンシャイン劇場

(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「乃木坂46」をもっと詳しく

「乃木坂46」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ