蒸し返される“大麻スキャンダル”...『嵐』大野智が逮捕されない理由とは

5月26日(日)10時31分 まいじつ


画/彩賀ゆう



5月22日、元『KAT-TUN』のメンバーで現在はソロ歌手として活動する田口淳之介が、同棲中の恋人で元女優の小嶺麗奈とともに大麻取締法違反で逮捕された。


【関連】『嵐』で唯一先の見えない大野智…引退して釣り船の船長になる!? ほか


各メディアの報道によると、厚生労働省麻薬取締部は以前から小嶺容疑者をマークしていたとのこと。今回は、長年の内偵の結果〝クロ〟と判断したため家宅捜索に踏み切り、同棲中のマンションから少量の乾燥大麻や吸引器具が押収されたため2人を逮捕したのだという。


ネット上でも大きな話題となっている今回の事件。中でも一定の割合で見られるのは、田口容疑者の元先輩にあたる『嵐』大野智への批判だ。


大野は2008年に『週刊現代』で「大麻で3P」との衝撃的な記事が掲載され、そこにはカラオケボックスで大麻を吸引したとの証言や、いわゆる〝キメ顔〟のような表情を浮かべた衝撃的な写真もあった。しかし、同スキャンダルはその後〝なかったこと〟のように扱われて今日に至るため、ネット上では芸能人の薬物事件が起きるたびに「大野は逮捕されないの?」「ジャニーズが警察にまで手を回してる」などといった書き込みが続出するのだ。



実は誤解されたまま広まっている〝大麻取締法〟


しかし、当時の記事をよく見ると、これらはただの印象論や陰謀論にすぎないことが分かる。


「記事内の証言によると、大野は呼び出される形で乱交カラオケパーティーに途中参加したとのこと。そこで参加者の1人から『いいものがある』と紙を差し出され、知ってか知らずか大麻を吸引し〝ハイ〟になったと書かれています」(芸能ライター)


ここで肝要なのが、大麻を巡る処罰の根拠となる大麻取締法だ。


「大麻取締法は大麻の〝所持〟を禁止しているだけで、使用を禁止しているわけではありません。これは、大元となる大麻草が麻縄や七味唐辛子の原料にもなっており、尿検査で陽性反応が出たからといって、規制対象である花や葉・大麻樹脂を摂取したとは限らないためです。このように大麻の使用が処罰の範囲外である一方、売買や譲渡といった汚染拡大の可能性があることから〝所持〟は立派な違法行為。大野さんの場合、参加者の勧めによってその場で吸引したのがたとえ事実だったとしても、渡されて手に持った瞬間に警察が突入でもしない限り逮捕とはならないのです。むしろ法的な観点からは、このパーティーが本当に薬物目的だったとして、参加者がどこからそれを仕入れたのかがポイントになると言えるでしょう」(法曹関係者)


つまり、大野の〝大麻スキャンダル〟が本当であってもモラル以上の責任を問えず、逮捕の対象となるのは大麻を勧めたパーティー参加者ということになる。むしろこのスキャンダルで大野が責められるべき点は、泥酔状態で女性をお持ち帰りし〝3P〟に及んだとされる見識の低さだ。


「大野さん、大麻を吸ったかどうかはどうでもいいんですよ。3Pしたのか、していないのか。アイドルなんですから、そこが重要なんですよ!」


こんな感じで問い詰めれば、この件は〝お笑い〟で済むのかもしれない。



まいじつ

「大麻」をもっと詳しく

「大麻」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ