「2028年に地球外生命体の存在が公になる」と明かしたタイムトラベラー

5月26日(日)11時1分 まいじつ

2075年からやって来たタイムトラベラーが、今から44年後にロサンゼルスをとてつもない大洪水が襲うと警告している。


【関連】6600万年前の「恐竜の写真」を撮って来たタイムトラベラー現る! ほか



キャスパーと名乗るタイムトラベラーがユーチューブ専門のオカルトチャンネル『アペックスTV』に顔面モザイク、音声加工で登場した。


2075年からやって来たキャスパー氏によると、タイムトラベルテクノロジーは2028年に一般に公開されたという。また同年、世界政府が地球外知的生命体のエイリアンが存在することを公に明らかにしたそうだ。


「未来で大国はタイムトラベルを有効利用し、国を運営しています。インド、ロシア、アメリカ、メキシコなどは特にそうですね。その後、世界は一つの超大国となり、一つの言語、一つの宗教となります」



警告するのはいいけど未来が変わるぞ


そして、キャスパー氏は2075年の世界で、過去についてのデータを集めるために政府機関の任務を課され、2019年に送り出されたのだという。


「ある特定の出来事の詳細を記録するためです。ビデオカメラ、写真撮影装置、3Dスキャナー、ソナーなどの装置を持って、この2019年に来ています。今、私はカリフォルニア州ロサンゼルスに住んでいますが、何を調べているかについて、具体的なことを詳しく説明することはできません」


任務を明かせない代わりに、「最も衝撃的なことの1つを教えます。絶対にショックを受けるでしょう」と切り出した。


「ロサンゼルスでは2063年に、大規模な洪水が起こり、水没するでしょう。原因の1つは地球温暖化です。逆に2075年からやって来た私にとっては、2019年の世界で水没しておらず、ビルだらけのロサンゼルスの光景が信じられませんね。なぜ、こんなことを明かしたのかというと、地球温暖化および洪水は、防ぐことができるからです。世界の人が協力して温暖化を防いでください」


果たしてキャスパー氏は本物のタイムトラベラーなのか。とりあえず2028年にタイムトラベルとエイリアンのことが明かされると言っているので、そのときに〝真実〟が分かるだろう。



【画像】


Digital Storm / Shutterstock


まいじつ

「地球」をもっと詳しく

「地球」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ