GLAY・TAKUROが考える“アーティストの権利” 「ミュージシャンは理想家でいい」

5月26日(土)8時40分 オリコン

GLAYのリーダー・TAKURO

写真を拡大

 アーティストが行う野外フェスや、シングルの連続リリース、ビデオシングルなど、数多の“新しい試み”に挑んできたGLAY。ORICON NEWSでは、デビューから24年間、第一線を走り続けてきたGLAYのリーダー・TAKUROへのインタビューを敢行。これまでのチャレンジの背景や、自己責任のもとアーティストがコンテンツを管理することの意味などを聞いた。


■GLAYにおける、あらゆる権利がないと、自分たちの夢が実現できないと思った

 「1994年にデビューしてから、いろいろなことに挑戦してきました。しかし、やりたいことがあっても“前例がなくてできない”ことが多々あったんです。“だったら自分たちが前例を作ればいいじゃないか”という思いから、デビューして10年経ったときに、すべてにおいて自分たちでハンドルを握っていこうと、事務所を立ち上げました」(TAKURO)
 そのとき両輪として掲げたのは、“ファンが楽しめること”そして、“GLAYのメンバーが表現したいものを、好きなだけやれる環境を提供すること”。そして、この2つを実現するためには、GLAYにおけるあらゆる権利が自分たちのもとにないと難しいと考えた。

 「そこで、2004年に今まで作ったGLAYの楽曲原盤権や映像原版、ファンクラブ運営の権利……あらゆるGLAYに関わる権利を、僕の個人会社が買い取る交渉をし、2007年までにはすべての作品の権利を手にすることができました」(TAKURO)
 自身の努力次第で無限の価値になる可能性も、まったく意味のなさないものにしてしまう可能性も、どちらも秘めているが、GLAYは自己責任のもとでコンテンツを管理するという道を選んだ。

 その流れの中に、400以上の楽曲や映像など“GLAYのすべて”をひとつにして今年リリースした公式アプリの存在もある。さまざまなアーティストの音楽を定額制で聴けるストリーミングサービスは増えてきているが、ここまでのボリュームでアーティストに特化した定額制アプリは他にない。CDを買いたい人、ダウンロードしたい人、ストリーミングで聴きたい人、動画で楽しみたい人など、音楽と向き合うスタイルが多様化している今、新しいサービスと戦うよりも、共存し、切磋琢磨する方が粋ではないかと考えたのだ。CDが売れないと言われている現代、CD以外で発信していくことは、アーティストの新たな指針になりうる新しい取り組みだ。


■大切な人の結婚式で、楽曲の使用料をとること自体が健全ではない

 GLAYといえば、昨年末“神対応”として話題になった「ブライダルで使用する場合に限り、アーティストに入る著作隣接権に関わる使用料を取らない」と発表したことも記憶に新しい。
 「単純に、自分の好きな人たちから結婚式で、『スピーチや演奏をしてくれ』と言われたらお金をとりますか? 僕らのファンは、もう充分僕たちに何かをもたらしてくれています。むしろ100回結婚してもらっても大丈夫なぐらい、前払いしてもらってるんで。といっても100回は結婚しないでください(笑)」(TAKURO)

 「結婚式という人生の素晴らしい舞台で、自分達の曲を使用してもらえる事は大変喜ばしいこと」とし、使用料をとること自体が、TAKUROやGLAYの中のルールでは健全ではない。これに対し、「GLAYに続いていきたい」と考えるアーティストもいるだろう。しかし、著作に関する権利については、しっかりとルールが敷かれているのが現実。アーティストが権利を自由にできる例はそう多くはない。これが実現できたのは、GLAYが“自身の楽曲の権利を、自身で保有しているからこそできたこと”なのだ。
 「もちろん、自身で権利を持てたら話は早いかもしれないですけど、たとえば次の契約のときにその兆候を盛り込むことはできるんじゃないかと思います。すべてを一気に変えようと思うと難しいけど、ファンの結婚式ぐらいは、ある種の優しさでもって音楽に接してあげてもいいんじゃないかって思うんです。大きな社会でひとつのルール決めをしないといけないというのであれば、今すぐ識者を呼んで話し合ったらどうかなっていう思いがありますね。50年前に作ったルールであれば、見直すべきだと思うし」(TAKURO)

 “なりたい男像”を追いかけたら、途中にそれがあっただけ、そう語るTAKURO。「ミュージシャンが理想を言わなくなったら終わりじゃないかと。ガチガチに決められたルールの中で、仕方ないよって言ってるミュージシャンって魅力ないでしょ?」(TAKURO)

 “やりたいこと”と“なりたい自分”に正直で、それを実現するために貪欲に進んだ道程が、今のGLAYを形作っている。

オリコン

「GLAY」をもっと詳しく

「GLAY」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ