シンガー・橋本裕太が俳優に初挑戦 まさかの“キスシーン”にファンもドキドキ?

5月26日(土)18時26分 オリコン

 “メルティーボイス”で話題のソロヴォーカリスト・橋本裕太

写真を拡大

 “メルティーボイス”で話題のソロヴォーカリスト・橋本裕太が26日、俳優・女優たちの恋愛リアリティーショー『恋愛ドラマな恋がしたい』(AbemaTV)に出演することが分かった。本番組は、ネクストブレイクを期待される若手俳優の男女8人が恋愛ドラマを撮影しながら本当の恋をするという内容。出演に際し橋本は「自分の“表現力”をさらに磨く良いチャンス」と意気込みを語っている。

■「そのキスは本気!?」ファンもドキドキの恋愛リアリティーショー

 鈴木おさむによる企画・構成の『恋愛ドラマな恋がしたい』は、若手俳優たちによる「共演をきっかけに恋は生まれるのか」を描く恋愛リアリティーショー。各話の主役を演じられるのは選ばれた男女一組だけ。そして毎回キスシーンがあり、それをどう演じ切るかも若手俳優たちにとっての課題となっている。視聴者目線としては、「このキスは演技? 本当の恋?」と、ドキドキして見られる演出となっている。

 橋本の起用に対し番組担当者は、「ネットでの活動や、動画を見て気になっていた」と説明する。実際、橋本は動画コミュニティアプリ・Mix ChannelやTwitterに、さまざまなアーティストの楽曲をカバーした音源を公開して人気が沸騰。そのとろけるような甘い歌声は、ファンから“メルティーボイス(とろけ声)”と呼ばれるほど。そのハイトーンボイスで、男性曲はもちろん、中島美嘉「桜色舞うころ」など女性歌手の曲もカバー。オルゴールサウンドに乗せて歌うSNS上の動画は、なんと現在までに5000万回再生を突破している。

 そんな経歴を経て、SME Recordsから2017年8月にアニメ『DIVE!!』(フジテレビ系)エンディングテーマ「NEW WORLD」でシングルデビュー。同曲はiTunesチャート初登場5位を記録した。17年12月には2ndシングル「ふわふわ」が『BREAK OUT』(テレビ朝日系)のエンディングトラックに採用され話題となった。

■メジャーデビュー後も古着屋でバイト 「自身の強みを歌手業に生かしたい」 

 また、アーティストとしては、さまざまな場所でライブを披露。「お台場みんなの夢大陸〜マイナビステージ〜」、「TBC夏まつり2017 絆みやぎ〜イチばん近くに〜」、「2017 神宮外苑花火大会」、清泉女子大学の学園祭などで歌声を披露して、“ライブアーティスト”としても表現力を磨いてきた。5月開催のライブイベント『ORICON Sound Blowin’2018〜spring〜』では、ダンスも披露するなど多彩な一面を見せている。

 上記のように、シンガーとしてのライブ活動やネット動画での場数があるとは言え俳優としては駆け出し。その点について橋本は、「今回自分自身の解釈や気持ちを表現するチャンスを頂けて、『これは頑張らないと!』と強く自分に誓い、今回のドラマに臨んでいます」と決意を明かす。さらに「このドラマ出演の経験が、自分の歌への刺激になったらと思っています」と、シンガーとしての成長に繋げたいとも語っている。

 アーティストとしてデビューした後も古着屋でのバイトを続けるなど、“地道な活動”を心掛けている橋本。そんな彼にとって飛躍のチャンスとなるのか? 注目の恋愛バラエティショー『恋愛ドラマな恋がしたい』はAbemaTVで本日26日より放送される。

オリコン

「キス」をもっと詳しく

「キス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ