被災地愛煙家川柳「たばこなし 最後の一本と にらめっこ」

5月26日(木)16時0分 NEWSポストセブン

 宮城県を中心に広く読まれている地元新聞『河北新報』には、週に1回「川柳」コーナーが掲載されている。その選者を務める雫石隆子さんによれば、震災後、川柳の投稿が以前より増えたという。その中には、たばこをテーマにしたものもあった。


『たばこなし 最後の一本と にらめっこ』


 今回の震災で、たばこ工場も大きな被害を受け、国産たばこが入手できない状況が続いた。この句を詠んだ金野正郎さん(70)がいう。


「マイルドセブンを愛飲していたんです。ようやくコンビニで1箱手に入れると、残りの本数とにらめっこしながら吸っていました。周りには“やめた”といったこともあるんですが、結局、やめられなくて(苦笑)。


 いまはコンビニで1人1箱、場所によっては2箱まで買えるようになりました」


※週刊ポスト2011年6月3日号

NEWSポストセブン

「被災」をもっと詳しく

「被災」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ