聖地蒲田の羽根つき餃子 生みの親が明かすおいしく作るコツ

5月26日(火)11時0分 NEWSポストセブン

 東京・蒲田は、多くの餃子専門店がひしめく。蒲田の餃子といえば、パリッと香ばしい羽根つき餃子が有名だ。その元祖を訪ねた。


「中国にいたころ、大連で食べたパリパリの焼き肉まんがおいしかったの。それを思い出して餃子に羽根を付けました。たくさん焼いて試した結果、羽根は水20に対して小麦粉1。この比率が薄くパリッと焼けるんです」


 こう話す『■好(■=にんべんに「尓」 ニーハオ)』の店主・八木功さん(81才)こそ、羽根つき餃子の生みの親だった。


 厨房では八木さん秘伝のレシピを元に、中国人の料理人たちが黙々と餃子を包んでいる。その数、なんと1日に5000〜8000個!


「粗挽き肉に豚骨と鶏がらスープを混ぜ、一晩寝かせてスープをたっぷり染み込ませる。これがうちのおいしさの秘密。味がしっかりついているので、まずはそのまま食べてみて」(八木さん)


 黄金色の繊細な羽根が舌の上でパリッと崩れ、噛み締めるともちもちの皮の中から、肉のエキスがジュワ〜ッ。にんにくが入っていないので、あっさりして何個でも食べられそう…。


 八木さんが成功した『ニーハオ』を追うように、弟妹たちも餃子店を開店した。弟の店が『金春(コンパル)』、妹の店が『歓迎(ホアンヨン)』で、この3店舗が蒲田の餃子御三家と呼ばれる。同じ羽根つきでも、その薄さや食感、あんの味が全然違う。餃子の街、蒲田で御三家の味を食べ比べるのがおすすめだ。


【店舗データ】

■ニーハオ 別館(本館は休業中)

【住所】東京都大田区蒲田4-25-7ハネサムビルB1F


※女性セブン2015年6月4日号

NEWSポストセブン

餃子をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ