西城秀樹さんも… スターを育てるマネージャーの重要性

5月26日(土)7時0分 NEWSポストセブン

スターを支えるマネージャーの存在に注目(西城秀樹さん。写真:時事通信フォト)

写真を拡大

 5月26日、日本歌謡界を代表した歌手・西城秀樹さんの告別式が行なわれる。1972年のデビュー以来、『激しい恋』『傷だらけのローラ』など数々のヒット曲を生み出した西城さんの陰には、スター歌手を育てても決して偉ぶらないマネージャーがいた。


 西城さんがデビューから約11年所属した芸映プロダクションは『知恵をしぼって働け、知恵のないものは汗を出して働け、知恵も汗も出ないものは去れ』を社是としていた。西城さんのほかにも、岩崎宏美河合奈保子石川秀美、角川博などのスターを育てた芸映プロダクションの3代目社長である青木伸樹氏(2016年逝去)は生前、インタビューでこう話していた。


〈タレントはスタッフが作り出すものだし、私のところは、タレントもスタッフも同じだと思っているしね。当然、いいスタッフが揃っていれば、いいタレントが出て来ますよ〉(週刊大衆1983年6月6日号)


 テレビを見る視聴者やコンサートに訪れるファンはタレント本人しか見えず、裏方の仕事を探る事はできない。だが、「芸能人を生かすも殺すもマネージャー次第」とマスコミ関係者が話す。


「たとえば、仕事の依頼をしても、本人の耳に入らず、マネージャーで止まる案件はいくらでもある。マネージャーの判断でブレイクチャンスを逃している場合すらあるんです。本人が『イヤだ』と言っても、マネージャーが『これはチャンスだ』と思える状況判断も必要だし、その時に本人を口説き落とす能力も求められる。単なるイエスマンでは務まりません」(以下、「」内同)


 1978年の暮れ、西城さんの新春コンサートでアメリカの人気グループであるヴィレッジ・ピープルの『Y.M.C.A』を歌う案が持ち上がる。マネージャーの天下井(あまがい)隆二氏は、過去にも作詞や訳詞をしていたこともあり、西城さんから指名されると、スタジオの屋上で『YOUNG MAN (Y.M.C.A.)』を1時間で訳詞を書き上げた。


 同曲を1979年1月4日から6日までの大阪厚生年金ホールのライブで歌ったところ、初めて披露したにもかかわらず、会場が一体となる盛り上がりを見せたため、次のシングルを急遽差し替えることになった。


 西城さんは天下井氏とレコード製造工場に訪れ、その場で従業員たちに向けて『YOUNG MAN(Y.M.C.A.)』を歌った。スター歌手、スター歌手のマネージャーだからと一段上から物事を見るのではなく、急な仕事をお願いされた従業員の気持ちに寄り添ったのだ。


「当時の西城さんの人気や多忙さからして、別に本人が訪れなくても、差し替えに文句は出なかったでしょう。天下井さんも西城さんも人の辛さや痛みがわかる人という証明だし、決して『自分のほうが上だ』という勘違いをしていなかった。1つの仕事をするのに上も下もない、みんな同じ立場だと心の底から思っていた。逆に言えば、そのような人たちだったからこそ、あれほどの大ヒット曲を生み出せた」


 売れてるタレントを持っているマネージャーは、スケジュール調整などを自分でやることから、つい自分がスターのように錯覚するケースもある。実際、芸能界にそのようなマネージャーは少なくないという。


「一緒に仕事をするメディア側の立場から言うと、仮に自分がそのタレントと仕事をしたいと思っても、マネージャーの態度が無駄に大きかったり、ぞんざいに扱われたりすれば、もう2度とそのタレントと仕事をしたくなくなる。制作側は基本的に本人よりも、マネージャーと接する機会のほうが多いですから。逆に、マネージャーがすごく頑張っていたり、良い人だったりすると、その人と仕事をしたいと思います。これは、人間の偽らざる心境じゃないですか。


 売れた頃から苦楽をともにしてきたマネージャーであれば、まだわかるのですが、突然スターや売れっ子のタレントに付くと、何もしていないのに『自分は凄い人間だ』と勘違いするケースは珍しくない。そういう人は、仕事相手にもファンにも偉そうな態度を取る。すると、仕事は回ってこないし、ファン離れにも繋がる。それが現実です」


 タレントと自分の能力を同じだと勘違いしない。自分の立場を考え、相手の気持ちを思いやれるマネージャーは仕事現場でも好かれる。


「マネージャーは四六時中、担当タレントと一緒におり、一心同体のような存在。スターや売れっ子の担当になれば、周りはペコペコ頭を下げる。すると、まるで自分が偉くなったかのような気分になる。その心理はわからなくもないが、どこかで間違っていると気付けるかどうか。


 天下井氏のような作詞もできる感性を持つマネージャーは稀。でも、勘違いしない、人に謙虚に接することは誰でもできる。それを心掛けるだけで、タレントの情勢が一気に変わる事だってある。マネージャーの態度がタレントの評判を左右することもあるんです」

NEWSポストセブン

「西城秀樹」をもっと詳しく

「西城秀樹」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ