オジー・オズボーン不倫相手は“妻の座”が欲しかっただけ?

5月26日(木)14時40分 Techinsight

愛人は「シャロンになりたがっていた?」

写真を拡大


英ヘヴィメタルミュージシャンのオジー・オズボーンは、ヘアスタイリストの女性と深い関係に。夫のメールを確認した妻シャロンに不倫がばれ家を追い出されてしまったが、このスタイリストにつき「オジーには特に関心もなかった」と伝えられた。

67歳にして、ヘアスタイリストと愛人関係に。それが妻シャロンにバレて離婚の危機にあるとされるオジー・オズボーンだが、肝心のお相手はオジーに興味はなく、彼の妻&マネージャー、そしてタレントなどとして活躍する“シャロンの座”に興味があったとオズボーン家の人々は考えているという。一家と親しい付き合いのある情報筋は、『NYポスト/Page Six』にこう話している。

「愛人は、シャロンになりたがっているんですよ。」
「だからオジーを欲しがったんです。オジーのことなんて、気にかけてはいなかった。みんなにオジーとの関係を知らせたがったくらいですから。オジーはもう、二度とあの女性と話すことはないでしょう。」

この一連の騒動に、愛娘ケリーも激怒。Twitterに卑猥な言葉を並べて彼女の電話番号を晒し、「復讐行為に出た」と伝えられていた。なおシャロンについては離婚弁護士を探し中と報じられたが、先日は夫と仲良く公の場に登場。このまま和解する可能性も決して低くはなさそうだ。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

不倫をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ