土屋アンナ、学校だよりや役所の書類もすぐにゴミ箱へ「読んでもわからない」

5月26日(金)16時0分 Techinsight

土屋アンナ、夫からの苦情もどこ吹く風

写真を拡大

今年1月に7歳年下の一般男性と再々婚、3月には女児を出産し3人の子の母となった土屋アンナ(33)。上には中学生と小学生の男の子がおり、保護者には役所や学校から大切な書類が送られてくるだろう。しかし彼女は書類に目を通すことなくすぐに捨ててしまうので、夫がその都度ゴミ箱から拾って内容を確認しているのだ。

5月25日放送の『ダウンタウンDX』に出演した土屋アンナへ、“息子の学校だよりや病院からの手紙など重要なものまで捨てるので、僕が毎日、ゴミ箱をチェックして拾って読んでます”と夫から苦情が寄せられた。スタジオには子を持つ出演者が多く「えー!?」と驚きの声があがる。しかし土屋は「読んでもわからないから」と涼しい顔だ。

児童手当についても「保健所? あ〜、戸籍取りに行くところ(区役所)のオバちゃんから“あなた、子ども手当の封筒どこやったの?”と言われて」と明かし、封筒ごと関係書類を捨ててしまい手元に無いのでもう一度送ってもらったという。

土屋は7年前に出演した『笑っていいとも!』で、長男が通う小学校説明会に参加した時のエピソードを語っている。周囲の母親はワンピースなどキチッとした服装ばかりの中、彼女はノーメイクでTシャツに短パンと普段着だったため変に目立っていたという。おまけにその小学校は土屋の母校でもあり、説明会にはかつてPTA役員を務めていた関係で彼女の母親も招かれていた。自分の娘が信じられない服装で現れたため「いいかげんにしなさい!」と母親は激怒し、さらにそこに居合わせた校長先生からも「それはないね」とたしなめられたそうだ。

このように母親としても“型破り”の土屋アンナ。現在は初めて授かった女の子・星波(せいな)ちゃんにメロメロで、仕事以外は赤ちゃんのお世話に時間を費やし幸せいっぱいの毎日のようだ。

Techinsight

「土屋アンナ」をもっと詳しく

「土屋アンナ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ