NMB48山本彩、千鳥・大悟に泣かされた過去「素人が笑い取ろうとするなよ」

5月26日(金)12時11分 Techinsight

『VS嵐』に出演した山本彩(出典:https://twitter.com/sayakaneon)

写真を拡大

NMB48山本彩が5月25日放送のバラエティ番組『VS嵐』(フジテレビ系)にゲスト出演した。この日は“大悟軍団”が「桃太郎」をテーマに千鳥・大悟(桃太郎)、千鳥・ノブ(犬)、品川庄司品川祐(赤鬼)、麒麟・川島明(青鬼)、フルーツポンチ・村上健志(サル)、三四郎・小宮浩信(キジ)という姿をしていたが、山本彩だけはTシャツとパンツルックだったので「普通の方がいますけど」と櫻井翔に突っ込まれる。

実はお笑い芸人だけの“大悟軍団”で参戦する予定だったが、番組スタッフからまず「メンツが弱いから衣装でごまかしましょう」と提案され被り物をすることになる。それでも「ちょっと待てほんとに華がないぞ」と急きょ山本彩を入れる運びとなり、衣装が間に合わなかったのだ。緊急招集された山本はスタジオで軍団と並び「こんな感じって聞いてなかったので逆に恥ずかしい」とやりにくそうだ。

ゲームの合間にも芸人たちは「大悟軍団というよりはスケジュールが空いている“3軍”」が集まったようなものだとやり合う。大悟は「“3軍”だけではキツイとさや姉を動員した」などトークの端々で「さや姉」と呼んで親しい感じだ。しかし、ノブが「さや姉は大悟と仲いいの?」と聞いたところ彼女は「そんなに…」と返して笑わせた。

NMB48が2010年10月に誕生して半年ほど経った頃、山本彩と山田菜々、そして千鳥がパーソナリティを務める『NMB48学園〜教えて千鳥先生〜』(ABCラジオ)が始まった。山本は当時を振り返り「仲良くさせてもらったけど、何度か泣かされてました」と苦笑する。18歳くらいだった彼女は大悟から「素人が笑い取ろうとするなよ」など厳しいことを言われて涙することもあった。

大悟はその件を周囲に「最低」と責められて「それは愛のあるイジリよ!」とフォローしていたが、実はそれだけではない。千鳥が大阪から本格的に東京進出するため『NMB48学園〜教えて千鳥先生〜』から降板することとなり、2012年3月24日の放送で“千鳥の卒業”が発表された。事前に知らされていなかった山本彩と山田菜々は収録中に泣き出してしまい、ほとんどトークできなかったという。

『VS嵐』では大悟が「素人が笑い取ろうとするなよ」と言ったエピソードを持ち出したので、「さや姉」も邪魔しないように敢えてそこには触れなかったようだ。

出典:https://twitter.com/sayakaneon
出典:https://www.instagram.com/noboomanzaishi

Techinsight

「山本彩」をもっと詳しく

「山本彩」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ