田口淳之介を引きずり込んだ?小嶺麗奈が薬物にハマるキッカケとなった物とは

5月27日(月)18時0分 アサ芸Biz

田口小嶺

写真を拡大

 5月24日発売の「フライデー」が、法律違反の薬物所持容疑で逮捕された元KAT-TUN田口淳之介容疑者と、小嶺麗奈容疑者に関する記事を掲載した。記事によると2人は、以前から怪しいパーティーに参加していたという。

「『フライデー』は今回、『知人が田口に誘われて、あるパーティーに参加した』と話す芸能幹部を取材。それによると、現場にはガラの悪いヤカラが多数いたそう。また主催者は小嶺だったようですが、彼女は目がトローンとして呂律も回っていなかったとのこと。どうやらその会は、薬物パーティーだったとのことです」(芸能記者)

 そんな小嶺にまつわるきな臭い噂は芸能界でもよく知られていたようで、5月23日に放送された情報番組「バイキング」(フジテレビ系)では、コメンテーターの薬丸裕英が「小嶺容疑者には昔からそういう噂があるってことは、僕の耳にも届いていた」と明かし注目を集めた。

 また彼女が法律違反の薬物に手を染めたきっかけは睡眠薬だったという。

「5月24日の『スポーツニッポン』によると、小嶺は田口と交際する以前から夜遊びが激しかったそうで、夜の人脈を広げていたとのこと。そして薬物に手を出すキッカケとなったのが、服用すると脱力感や多幸感が生じる睡眠薬『エミリン錠』だったらしく、その後はより強い刺激を求めて法に触れる薬物に手を出した可能性があるそうです。そんな彼女との交際を、田口の周囲は猛反対していたそうですが、彼は耳を貸さなかったようですね」(前出・芸能記者)

 一部では、小嶺容疑者が田口容疑者を引きずり込んだ可能性が高いと伝えられている。はたして今後、2人の口から使用状況や入手経路が語られることとなるのだろうか。

アサ芸Biz

「田口淳之介」をもっと詳しく

「田口淳之介」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ