『おっさんずラブ』第6話、春牧の別れに視聴者が涙 最終回予告にロスの声

5月27日(日)10時45分 クランクイン!

『おっさんずラブ』第6話 場面写真(C)テレビ朝日

写真を拡大

 田中圭主演のドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)の第6話が26日に放送され、林遣都演じる牧が春田に別れを切り出すシーンにSNSでは「心が持たない」「みんな泣いてるよ」などの声が殺到している。 春田(田中)は社内で突然、牧との交際を宣言。唐突なカミングアウトに天空不動産第二営業部に激震が走る。しかし牧(林)は「ちょっと僕には意味が分からないです」と、そのまま営業所を出て行ってしまう。かたや、自分がフラれた理由が“男だから”ではないと知った黒澤部長(吉田鋼太郎)は、春田への想いを再燃させ、起死回生の猛烈アプローチを開始。

 春田への恋心に気づいたちず(内田理央)は、気持ちに区切りをつけるため、彼に告白しようと決意する…。そんな中、牧は春田に突然「交際相手として自分の両親に会ってほしい」と提案。慌てふためく春田だったが流されるまま牧の実家へ…。

 春田への恋心が再燃した黒澤が自宅で悶々としている姿を見た蝶子(大塚寧々)は「作戦立てるわよ!」と元夫を全面バックアップ。この展開にSNSでは「黒澤夫妻離婚した途端女子校ノリになるのほんと素敵」「部長、おっさんなのに可愛いって何なの(笑)」などの声が殺到。また黒澤部長が春田にりんごの皮むきを披露したり、「2番目の男でイイです!」と告げる姿に「泣きそう」「黒澤部長がんばれw」などの応援ツイートが多数寄せられた。さらに春田を自宅まで車で送り届けた黒澤部長が、車を降りた春田へ向かってブレーキランプを5回点滅させてみせると視聴者から「未来予想図Ⅱキター!」「ドリカムかよ!」などのツッコミが寄せられた。

 ドラマのクライマックス、ちずが涙ながらに春田へ想いを告白。幼なじみの涙を見た春田は、思わずちずを抱きしめてしまう。その瞬間を目撃した牧は、春田との別れを決意。涙ながらに「俺は春田さんのことなんか好きじゃない」と告げるとSNS上には「牧くん、なにそれ!?もう好きじゃないって!?」「嘘ついたらもっと辛くなるぞ…」「大好きすぎてつらいんやろ、牧」などの声が殺到。そして“牧は翌日、家を出て行った”とナレーションが入ると視聴者から「まさかおっさんずラブでこんなに泣かされるとは」「久しぶりに泣いたわ」など悲鳴にも近いツイートが多数寄せられている。

 さらに、来週放送の第7話が最終回と予告が流れると、「話数少な過ぎん?もっともっとやってよー」「来週の今頃はOLロスで灰になっていると思う」「早く続きが見たいけど、最終回見たらロスがすごそう」と早くもロスの声が溢れている。

クランクイン!

「おっさんずラブ」をもっと詳しく

「おっさんずラブ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ