「ヤマカン」山本寛監督が廃業宣言 「自分はそもそもアニメが作れなかったんだ」

5月27日(月)14時46分 J-CASTニュース

山本寛氏のブログより

写真を拡大

アニメ監督の山本寛(ゆたか)氏(44)が2019年5月26日までに、公式ブログでアニメ制作からの廃業を表明した。

「ヤマカン」の愛称で知られる山本監督は、クラウドファウンディング(CF)で制作資金を募ったアニメ映画『薄暮(はくぼ)』で原作・脚本・監督を務め、6月21日公開を予定している。





『薄暮』試写会で「大変状態の悪いフィルムを見せた」



ブログ投稿の中で山本監督は、



「この度、『薄暮』のいわき、東京、大阪三箇所での特別試写会におきまして、大変状態の悪いフィルムをお見せしてしまったという、自らのプロとしての責任、特に納品責任を重大に受け止めまして、『薄暮』を最後にアニメーション業界から廃業することにいたします」


と始め、



「『自分はそもそもアニメが作れなかったんだ』、その事に業界21年もいてようやく気付いた次第であります。自分の未熟さと無能さを痛感しております。これを機に、今後はアニメーションに関係する一切の業務を担当しないことをここに誓います」


と表明した。


5月21日〜26日に行われた『薄暮』試写会参加者の感想によると、本編未完成の箇所が多く、6月21日公開を危ぶむ声もあった。山本監督は『薄暮』については、



「お赦しいただけるようならば最後まで全力で完璧に作り上げ、かならずや6月21日の全国封切に間に合わせるよう、万難を排しより一層の努力をして参ります」


としている。最後は「2019年5月26日 山本寛」と結ばれているが、投稿日時は21日18時台になっている。なお、J-CASTニュース編集部が25日にブログを確認した際には、この投稿は公開されていなかった。



「涼宮ハルヒ」で知名度上げるも、今年3月に破産手続き開始



山本氏は制作会社「京都アニメーション」(京アニ)でアニメ制作に携わり、06年の「涼宮ハルヒの憂鬱」の演出で知名度を上げた。07年には「らき☆すた」で初監督を務めるも、4話目で「監督においてまだその域に達していない」との会社判断により、交代となる出来事もあった。


京都アニメーションを退社後も「かんなぎ」「フラクタル」「Wake Up,Girls!」などで
監督・演出を務めるも、制作上のトラブルにより、「Wake Up,Girls!新章」には関与しないなどもあった。また山本氏は19年3月、破産手続き開始の地裁決定を受けていると明かしていた。

J-CASTニュース

「山本寛」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「山本寛」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ