「ファンの贈り物」踏みつけ動画 男性モデル、事務所解雇&法的措置へ

5月27日(月)17時8分 J-CASTニュース

メンズフェス公式サイトより

写真を拡大

若手男性モデルがファンからの贈り物を蹴飛ばす動画がSNS上で拡散し、批判を集めた騒動で、所属事務所はモデルを解雇し、法的措置に踏み切ると発表した。

事務所は「全国で多発するSNSなどでの不適切動画の投稿やそれを悪意もなくあげてしまう現在の風潮を正し今後の規律として弊社が一石を投じ」るなどとしている。



「ブスやし。全然いらんし」


騒動は、2019年5月19日に行われた男性モデルが一堂に会するファンイベント「メンズフェス」での出来事だった。


会場の控室とみられる場所で、出演モデルが別のモデルを映した動画が拡散し、「最低過ぎる」「そんな行動する意味がわからない」などの批判が相次いだ。



「どうも、ファンをカモにしました」。動画は、撮影者によるこんな一言で始まる。画面に写るモデルは「これ何なん?これ何なん?」と言いながら、床に置かれた5つほどの紙袋を不快そうに指差す。すると次の瞬間、モデルは紙袋をおもむろに蹴り飛ばし、さらに上から何度も踏みつけた。笑い声をあげ、撮影者は「おお!いいねいいねいいね!」と喜ぶ。



モデルは「俺にいくら、あいつら貢いだと思う? 10万(円)」と言い放ち、「ブスなん?」と尋ねた。撮影者は「ブスやし。全然いらんし」と一言。これにモデルが「ヒヒヒヒ」と笑って答えたところで動画は終了する。発言内容から、蹴り飛ばされた紙袋はファンから贈られたプレゼントのようだ。画面には「今日は10万稼ぎ」などの文字も付けられている。



「今後同様の事件への再発防止の抑止力とする」


批判を受け、メンズフェス運営と撮影に関与したモデル2人が20日、ツイッターで謝罪した。



22日には、動画を撮影したモデルが所属する「ワイケーエンターテインメント」(東京都港区)が、撮影者とみられるモデルの契約解除を公式サイトで発表。さらに、モデルに対し刑事・民事での法的処置の準備に入ったと報告した。



同社は訴訟の理由を「全国で多発するSNSなどでの不適切動画の投稿やそれを悪意もなくあげてしまう現在の風潮を正し今後の規律として弊社が一石を投じ、今後同様の事件への再発防止の抑止力とする」ためなどとしている。

J-CASTニュース

「不適切動画」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「不適切動画」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ