小手伸也、『コンフィデンスマンJP』“五十嵐のテーマ”に感激

5月27日(日)15時0分 マイナビニュース

女優の長澤まさみが主演するフジテレビ系月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』(毎週月曜21:00〜)で、謎の男・五十嵐を演じる小手伸也がホストを務める副音声企画「五十嵐のスウィートルーム」。4回目となるあす28日放送の第8話には、劇中音楽を担当しているfox capture planがゲストに登場する。

fox capture planは、収録ブースにそれぞれ楽器を持ち込んで参加。収録中には『コンフィデンスマンJP』のメインテーマを生演奏し、その演奏に即興で小手が自身の美しい声を重ねる「メインテーマ・五十嵐コラボver.」も披露される。

トークでは、fox capture planの劇中音楽制作秘話などを中心に展開され、今回もドラマ本編にあまり触れることなく、独立したラジオ番組のような形式で進行。fox capture planは、収録に参加するにあたってオリジナルの「五十嵐のテーマ」という楽曲を作成し、副音声の中で生演奏する。

実は、ダー子(長澤)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)のテーマ曲はあり、ドラマ内でも流されているが、五十嵐のテーマ曲はなかったため、fox capture planの粋な計らいに、五十嵐を演じる小手も感動しきりだ。

収録を終えた小手は「“五十嵐のテーマ”を披露いただいて、本当にうれしかったです」と感激の様子。fox capture planの岸本亮は「五十嵐はドラマの中でも、好きなキャラクターなので、今回ご一緒させていただいて光栄でした」、カワイヒデヒロは「小手さんは、良い声なのでうらやましいです」、井上司は「楽器を囲んで、出演者の方とお話させていただく機会はなかなかないので、すごく楽しかったです」と感想を語っている。

(C)フジテレビ

マイナビニュース

「コンフィデンスマンJP」をもっと詳しく

「コンフィデンスマンJP」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ