家入レオフリーLIVEに2000人、サンシャシンシティ噴水広場の定員上限。

5月27日(月)1時52分 ナリナリドットコム

5月22日に4thシングル「Message」をリリースした家入レオ(18歳)が26日、東京・池袋サンシャシンシティでニューシングル発売記念フリーライブを開催。会場のキャパシティギリギリとなる約2,000人のファンが集まった。

昨年10月の1stアルバム「LEO」発売記念フリーライブ以来、約7か月ぶりのフリーイベント開催となった家入。会場となった池袋サンシャインシティの外には、午前10時の施設オープンに先駆けて、同8時過ぎからファンが集まるほどの人気ぶりで、フリーライブ開催の午後3時には会場定員上限の2,000人のファンが噴水広場を埋め尽くし、家入の登場を待った。

ライブは、昨年日本レコード大賞最優秀新人賞の受賞時にも歌唱した「Shine」からスタート。観客からはたちまち大きな手拍子が湧き起った。歌い終えた後は「みなさんこんにちは、家入レオです! 今日はほぼ360度のステージということで、会場の皆さんと一緒に、一つになっていきたいと思います」と挨拶。サンシャインシティ噴水広場でのライブは自身初という家入は登場の際、噴水の水が勢いよく噴き出す演出があったことに驚いたと明かし、「皆さん、大丈夫ですか? 顔にかかったりしませんでしたか?」と、上の階いっぱいにまで詰め掛けたファンを気遣う一面も見せた。

2曲目には「失恋したことを強がって話す友だちに、『大丈夫だよ、泣いていいよ』って言う気持ちを歌にしました」という、シングル「Message」のカップリング曲「Wake you up」を披露。

続く3曲目は、3rdシングル曲「Bless You」をアコースティック・バンド編成でパフォーマンス。頭を抱え、膝から崩れ落ちるような仕草を見せるなど、身体全体で叫びを表現するその姿に、涙ぐむ観客の姿も見られた。

そしてラストは、「高校を卒業して音楽の道一本になることに、不安がなかったと言ったら嘘になります。そんな時、ファンの皆さんからのお手紙を読んで、一人じゃないんだ、と思うことができた。弱さを絆にするんじゃなくて、明日に向かって一緒に歩いて行きたい。そういう想いで作った曲です。皆さんに届いてくれたら嬉しいです」と語り、新曲「Message」を熱唱。会場を埋め尽くすファンの顔を一人ずつまっすぐに見据えながら歌う姿に、観客からも笑顔がこぼれた。

ライブ終演後に行われた囲み取材では、「今日は360度のステージだったので、普段のライブハウスとは全然違いましたね。こうやってファンの皆さんと一つになれるのは嬉しいです。自分もすごくパワーをもらえましたし、これからも歌でパワーを返していきたいと思います」と感想を語った家入。今春高校を卒業し、音楽活動に全ての時間を割くようになったことについては「高校生の時も音楽活動はさせてもらっていましたが、その時は“高校生”ということで周りに守られていたんだなと最近つくづく感じます。社会人になった今は、より自分に厳しくならなきゃと思います。甘えていられないな。と」と語り、社会人としての強い決意ものぞかせた。

今後も数々のメディアへの露出や、夏フェス・イベントへの出演を予定。デビュー2年目となる今年、さらなる活躍に期待が高まる。

ナリナリドットコム

家入レオをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ