吉本新喜劇の酒井藍、女性初座長への決意語る

5月27日(土)15時20分 ナリナリドットコム

吉本新喜劇の酒井藍(30歳)が、女性初の吉本新喜劇座長に就任することが決定。これを祝し、5月26日には生國魂神社にて、吉本新喜劇座長酒井藍就任奉告祭が行われ、その後囲み会見が行われた。

酒井は「このたびはお集まりいただき、ありがとうございました。まだ座長になるという実感がわいていないのですが、新喜劇初の女性座長として、これまで先輩方が築き上げてくださった歴史を引き継げるようにしっかりがんばりたいと思います」と挨拶。

さらに「何よりうれしかったのは、(末成)由美姉さん、(若井)みどり姉さん、(浅香)あき恵姉さん、(未知)やすえ姉さん、そして近い先輩方や後輩のみんな、女性座員の皆さんが『やったー!』と喜んでくれたことです」と続けた。

また、5人の座長からのお祝いコメントに対しても、「皆さんええこというてくれてました。胸に刺さりました」としみじみ。

この日の華やかな着物は大槻衣装さんが用意してくださったそうで、「これだけ大きな振袖があるのは大槻衣装さんぐらい。2パターン用意していただき、華やかな方を選びました。華のある座長になりたいです」とにっこり。

7月26日からの「酒井藍座長就任公演」では袴姿で口上を述べる。

「ポスター撮影の時にこの袴を着させてもらい、身の引き締まる思いで緊張しました。すっちー座長の時、口上を生の舞台で拝見したんですが、あそこに座るんやと思うと想像がつかないです。たくさんの先輩や周りの皆さんに支えていただきながら、感謝の気持ちを忘れずに、座長になることをお客様やテレビの前の皆様に伝えられるようにしっかり務めたいと思います」と意気込みをコメント。

一方で心配なこともあるようで、「口上は10分ほどあるんですが、夏休み公演で1週間毎日3、4回あるので、ヒザだけ爆発しないように。口上の前はしっかり柔軟して挑みたいです」とのことだ

座長就任の任命を受けたのは、5月10日になんばグランド花月で開催された酒井藍単独公演「しん・酒井藍・きげきっ・ドキッ!」の打ち上げ後のことだったとか。「ずっと、足元をコチョコチョされているようで、ずっとフワフワしている感じでした。まずはドッキリかとも思いましたし、正直、信じられませんでした」と率直な気持ちを告白。

「予兆は感じていた?」との質問には「周りからも『がんばりや』と言われていましたし、自分でも『なれたらいいな』という気持ちはすごいありました。でも実際に『座長になってもらうで』と言われた時は、こめかみを殴られたぐらい衝撃がありました」とも。

最初に報告したのは、新喜劇座長就任の話を受けた際にたまたま隣の部屋で打ち合わせしていたという小籔千豊だったという。

「そのときは周りにたくさん人がいたんで、『がんばりや。でも調子乗ったらあかんし、これで満足したらあかん』と言われました。でもふたりになった時に『本当におめでとう。今度、新地においしいお寿司食べに行こう』と言っていただきました。小籔さん、けっこうツンデレなんです」と語り、記者陣を沸かせていた。

女性座員の中で最初に伝えたのは森田まりこだったとか。「まりこ姉さんも、泣いてくれてました。(宇都宮)まき姉さんも泣いてましたし、あき恵姉さんもすごく泣いてくれて…。こんなに自分のために泣いてくれる人がいるんやなと思うと、私も泣けてきました」。両親には、新喜劇座長の任命を受けた直後に電話で奉告したそうで、「両親は10時ぐらいには寝るんですが、電話したのが夜の12時ぐらいだったので、半分寝ていましたが『大丈夫か!?』とびっくりしていました」と笑顔で語った。

初の女性座長ということに「いいのかなと思いますし、よりがんばらなあかんなと思います。パンツですけどふんどしをしめ直さないとあかんなと思いました」とし、「元気いっぱい、パワーいっぱいなのはもちろんのこと、お客さんも観ていて楽しい、やってる側もすごく楽しい、全員が楽しめる新喜劇を作っていきたいなと思います」と決意新たに語った。

「これまで『○○長』になった経験は?」との質問には、「これまで長になったことはないんですよ。高校時代に柔道部に入ってたんですけど、部員6人しかいなくて、女が2人しかいなくて、副キャプテンはやったことあるんですけど」とのこと。

「恋愛面は遠のいちゃった?」との質問には、「いくたまさんは、日本初の結婚式場という場所でもあるので、もちろん座長がいちばんですけど、ちょっとだけそういう面でもあやかれたら(笑)」とし、さらに理想の恋人として「アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラが一番好きで、日本人ではダイアン・西澤さんがいちばんかっこいいと思ってるんですけど、最近、心くすぐってくるのは山崎賢人くんです。」と恋愛のご利益にちゃっかり便乗(?)するお茶目な一面も見せていた。

ナリナリドットコム

「喜劇」をもっと詳しく

「喜劇」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ