【3年C組】第8週合格者インタビュー 何かが小さい2人が仲間入り

5月27日(日)18時12分 オリコン

テレビ東京『青春高校3年C組』第8週合格者(左から)小沼綺音、本多睦 (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 テレビ東京で生放送されている『青春高校3年C組』(月〜金 後5:30〜5:55※関東ローカル)。「理想のクラスってなんだろう?」「カワイイとかカッコいいだけじゃない」ここだけにしかないクラスを、秋元康氏とテレビ東京が1年かけて作るバラエティー。第8週(5月21日〜25日)の合格者は、声が“小さい”本多睦さん(17)と体格が“小さい”つまり小柄な小沼綺音(あやね)さん(18)に決定。収録後に話を聞いた。

——合格おめでとう。いつ頃、“願書”送っていたの?

【小沼】学校行く、通学途中で。

——あっ、それはいつ頃?

【小沼】覚えていないかも!?

【本多】僕は5月の半ば。応募してすぐに連絡がきて、もうテレビに出ていたって感じでした。

【小沼】私も。5月に入ってからです。本多くんとは、面接からずっと一緒なんで、一緒に合格できてめっちゃ心強い。

——意外と最近なんですね。番組は見てましたか?

【本多】佐久間さん(佐久間宣行プロデューサー)のツイッターで、番組の存在は以前から知っていたし、たまに番組を見たりしていました。もともと深夜ラジオが好きで、お笑い芸人さんに会ってみたいなと思って、軽い気持ちで応募しました。

——“担任”として毎日日替わりで人気芸人がやってくるからね。

【本多】(金曜担当の)日村さんに「面白い」と言ってもらえたのは、マジでうれしかったです。(木曜担当の)バカリズムさんにめっちゃ(告白シチュエーションの相手役に)振ってもらって、すごくうれしかったです。芸人さんになれたらいいな、と考えたこともあるんですが、いまは大学へ進学してお笑いサークルに入るのもいいなと思っています。

——小沼さんは、どうして青春高校へ?

【小沼】学校から帰ったら、ちょうど母がこの番組を観ていて、「めっちゃ面白そうだから、出てきたら」ってすすめられて。いろんな人を楽しませられたらいいなと思って応募しました。芸能活動をやるなんて、全然考えてなかった。でも、1週間、楽しかったです。交友の幅が広がった。

——番組を通して、やってみたいことはあるんですか?

【本多】やってみたいことですか…いますぐには特に思い浮かばないですね。番組とは関係なしに、とりあえず大学に進学したいです。

【小沼】合格者の人ともっと仲良くなって、楽しく過ごせたらいいな。

——普段、どんなことをしているの? 好きなことや得意なことは?

【小沼】小説を読むのが好き。いつか、自分でも何か書いてみたい。小説家になりたい、というほどはないけど、心理学とか学んでみたいな、と思います。

【本多】かなりインドアなんで…。そんなに遊びに出かけないし、家で漫画読んだり、普通に深夜アニメ見たり。

——大ヒットしている『名探偵コナン ゼロの執行人』は観た?

【本多】観ました。

——本多さんは小学1年生の頃から高校2年の夏までバスケットボールをやっていたんだよね。

【本多】まぁ。肉体的にも精神的にもつらくなって、高2の夏で部活をやめているんで。

——小沼さんは?

【小沼】ライブを観に行ったり、音楽フェスに行ったりするのが好きです。ゴールデンウィークも『JAPAN JAM 2018』(千葉市蘇我スポーツ公園で開催)に行きました。

——お気に入りのアーティストは?

【小沼】おいしくるメロンパン。夏フェスも行く予定。(本多さんに向かって)一緒に行く?

【本多】いいよ。でも、夏フェスって暑いのか。さっきも言いましたけど、インドア派なんですよね。バスケットボールもインドアだし。

——『青春高校3年C組』もスタジオ収録、インドアだ! 夏フェスに行く時は、熱中症に気をつけて楽しんで来てね。

オリコン

「合格」をもっと詳しく

「合格」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ