肥後克広、欽ちゃんに弟子入り志願の過去明かす

5月27日(日)16時41分 RBB TODAY

肥後克広(ダチョウ倶楽部)《撮影:椿山和雄》

写真を拡大

ダチョウ倶楽部肥後克広が、27日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演。結成前の意外な過去を明かした。

 上島竜兵寺門ジモンはもともとは役者をめざし、劇団「テアトル・エコー」に所属。2人でコンビを組んでいたという。一方、最初からお笑い志望だった肥後は当初、萩本欽一に弟子入りを志願したのだとか。

 自宅に通された肥後は、大広間の和室にいた萩本と直接対面。肥後は「ナマ欽ちゃんだ!」と感激したという。しばらく会話をしたあと、萩本から「ずっと君見てるけど、君はスターになる」、さらには「でも僕のところにいたらスターにならない」と言われたのだという。

 肥後は欽ちゃんからの忠告に大喜び。「違うところに行きます!ありがとうございます!」と行って家をあとにしたのだという。これを聞いていた土田晃之は「こんなテイの良い断り方ないですよ」と鋭い指摘。肥後も、「これがテイの良い断りだと気づいたのは、それから10年経ってからだった」と笑っていた。

RBB TODAY

「肥後克広」をもっと詳しく

「肥後克広」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ