福島事故あっても原発のコストの優位性は変わらないと専門家

5月27日(金)7時0分 NEWSポストセブン

 震災を受けて日本では脱原発の議論が高まっているが、それにはコストの議論が不可欠だ。原発のコストはそれでも安いとする宮崎慶次・大阪科学技術センター顧問の主張を紹介する。


 * * *

 発電所の運転年数が短縮されたり、稼働率が下がったりすれば、原子力に限らず、どの発電方式でも同じようにトータルコストは上がる。


「原子力の発電単価が10〜11円」になるのは、古い時代の話であろう。1990年代までは法定減価償却期間に合わせて耐用年数を16年間で計算していた。


 現在は、メンテナンス技術の向上などにより、30年以上運転することが可能になっており、コストは下がる。


 今回の福島第一原発事故の補償費を含めると、原子力はコスト的な有利さが減じるが、それも小幅に留まるものと思われる。基本的な原子力の経済的優位性は変わらないであろう。


 とはいえ、安全最優先が結果的には経済性の向上に繋がることを、電力会社の経営陣はしっかりと受け止めるべきである。


※SAPIO2011年6月15日号

NEWSポストセブン

「コスト」をもっと詳しく

「コスト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ