川島なお美 がんを患い「弱さをさらけ出せるようになった」

5月27日(水)7時0分 NEWSポストセブン

川島なお美 大病経ての気づきを語る

写真を拡大

 当たると話題の喫茶店のスピリチュアルマスター“ムロケン”こと室井健助さんが、女優・川島なお美(54才)を霊視する。昨年に肝内胆管がんを患い、手術を受けた川島だが、夫のパティシエ・鎧塚俊彦氏もまた網膜中心静脈閉塞症により左目が見えない状態だ。


室井:ご主人も免疫力が低かったんですね。できるだけお水を飲むように伝えてください。


川島:そう! 主人は全っ然水を飲まないんですよ。お酒はしこたま飲むのに。


室井:お酒を飲んだら水も同量飲んだほうがいい。お酒は利尿作用があって脱水になりやすいから。


川島:ですよね…。自分で気づかないと意味がないから、あまりガミガミ言いたくないんです。ただ、血糖値を下げるお薬をのみ忘れることがあるので、それだけは私が管理。朝は彼がいちばん好きなゆで具合のゆで卵を作ると、喜んで薬をのんでくれます(笑い)。


室井:川島さんの内助の功がすばらしい。ご主人はもともと仕事で成功する人ですが、川島さんがいると鬼に金棒、いい相性です。病気も天からの導き。お互い病気に勝てたことで、本物の夫婦になれたんですから。


川島:そうですね。結婚して割とすぐに主人が病気になってしまって。「彼のために強くいなくちゃ」って無理をしていたんですけど、私も病気になってそれができなくなって…。私が弱さをさらけ出せるようになったら、主人がすごく優しくなりました。婚約時代は毎日「愛してる」と言ってくれましたけど、今は毎日「ありがとう」って言ってくれるようになりました。


室井:川島さんも丸くなられましたよね。


川島:たしかに、舞台の再演で3年前と同じ役をすることになった時、プロデューサーに「すごく演技が深くなった」って言われました。これも大病したおかげなのかも(笑い)。


※女性セブン2015年6月4日号

NEWSポストセブン

「川島なお美」のニュース

BIGLOBE
トップへ